加速させる場所!!

今日は波に乗っていて

どこの場所で加速させるのか??

このお話し

をしてみましょう!続き→

サーフィンは波しだいでスピードが

変わっていくものです。

 

力のある波ではスピードが出るけれ

も、ダラダラの力の無い波ではス

ードを上手くつけられませんよね…

 

 

力の無い波でも、スピードを上げ

いくにはどうすれば良いのか?

 

 

今日はここを考えていきましょう!!

 

 

まず、スピードを付けられる人は波

のパワーゾーンを上手く使っていま

す。

 

 

このパワーゾーンとは何か??

 

 

これをしっかりと把握しなければい

けません。。。

 

 

 

このパワーゾーンとは簡単に言って

しまえば、波が崩れる瞬間の場所。

 

 

つまりポケットということです!!

 

 

このポケットが常にどこなのか??

 

 

これを意識しながら波に乗れという

ことです。

 

そして、

ポケットを発見したらその場所目が

ておもいっきりレールを入れて、

「技を仕掛ける!!」

この動作が絶対の条件となります。

 

 

通常ポケットではスピードが付くの

で、さらに先へと加速させてしまい

がちです・・・

 

 

それはスピードを上げて乗り繋ごう

という心理からきています。

 

 

その心理の影響で、ポケットの正し

い場所を見過ごしてしまいます。

 

 

そこを改善していく為には何からや

れば良いのか??

 

 

と、いうことですよね・・・

 

 

 

 

 

まずはイメトレから!!

 

 

ポケットの具体的な場所を探して

ましょう。

 

 

 

下の写真をご覧ください↓↓↓

では問題です。

 

この波を見て、ポケットはどこでし

ょうか??

 

指を指してください!!

 

 

みなさん自信を持って当てられるかと

います。。。

 

 

 

正解は↓↓↓

①の場所がポケットとなります!!

 

この波はかなり分かりやすいと思い

ますね。

 

 

次に!!

 

チューブに入っているサーファーが

この後、どこのポジションで技をか

けていくのか??

 

想像していきましょう!!

 

 

①なら、オフザリップ

 

②ならトップをエグルようにスラッ

シュ

 

③ならカットバック

 

その乗り手によって①から③を選択

できるんですね・・・

 

ポケットが①と分かっていながらも

実際に波に乗ってスピードがでてい

る場合、③を仕掛けてしまう人が非

常に多いです。

 

 

 

 

なぜ、写真では分かるのに実際では

①を見過ごしてしまうのか??

 

 

ここですよね・・・

 

 

その答えは簡単です。

 

波にへばりついた乗り方をしてしまう

と視野が先へと向いてしまいます。

 

先にある丸みを帯びたフェイスへと視

点がロックオンされるからです。

 

 

だから③のカットバックになりがちに

なってしまうんですね。。。 

 

 

 

 

①の場所に狙いに行くのであれば、

波から少し離れたボトムターンをし

なければいけません・・・

 

 

このライン取りをやらなければ、②

か③の選択へと変わってしまいます

 

 

 

つまり、実際に波に乗っていても①

をスルーしてしまいがちな原因はす

べて波にへばりついて乗っているこ

とが原因です。。

 

 

写真を見ると分かるのに波に乗って

いると見過ごしてしまう。。。

 

 

そこに気が付きましょう。

 

 

 

 

 

ポケットをしっかりと把握した乗り

方を日頃から練習する必要が大切で

すね。

 

 

 

まずは横走りのアップスンを改善し

ていくのが一番速い道のりです。

 

 

 

ここに基礎の動きがすべて組み込

まれています。

 

 

ダラダラの波でもライン取りをしっか

り行えば必ずポケットはすぐに見つか

ります。

 

 

 

横へ横へと行こうとするライン取りを

もう一度見直して、ポケットを意識し

た乗り方に改善してみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

ついでに実践編としましてJSライダー

「JEREMY」の動画を使ってイメト

してみましょう!!

 

 

 

 

下の動画をご覧ください↓↓↓

この時点ではポケットにロックオン

している状態です。

 

そこに目がけて技をかける準備が必

要なので、波を見上げるクセをつけ

る練習をしていきましょう!!

 

 

波のフェイスにへばりついてしまっ

たら、このシチュエーションはなか

なかでてきません・・・

 

 

ここの場面が一番重要となります。

 

 

ボトムからポケットを「見る」です!

 

つまり、日頃のアップスンでは先にあ

るフェイスを見ながら波に乗っている

人が多いですが、リップを見上げるよ

うなアップスンに改善してください。

 

 

ストイックシステムではこのボトムに

降りる為にはどうするのか??ここを

練習していきます。

 

 

①まずはポケットを見上げるラインを

作れ!!

 

 

そして

ポケットをロックオンしたならば、

その場所目がけてターンをしていき

ます。

 

 

これも難易度は高いですが、リップ

の崩れるタイミングに合わせながら

何回も練習していけば自然とタイミ

ングをつかめるようになっていきま

す。

 

 

失敗の回数が成長となります!!

 

やり続けてください。

 

 

 

②ポケットを意識する為にボトムター

ンが必要!!

 

 

そしてボトムターンからの軸足ジャ

ンプです!!

 

前足でレールを入れたままだとジャ

ンプできませんのでこちらも難易度

は高い技術となっていますよ。

 

 

スーパーストイックシステムではこ

こをしっかりと出来るように突き詰

めていきます!!

 

 

③ポケット目がけて軸足ジャンプ

 

見てください!!

ポケットにドンピシャ!!

 

このライン取りがスピードに乗った

リッピングの秘密です。。。

 

 

④崩れるリップに合わせたタイミング

で仕掛けろ!!

 

 

力のあるポケットでは、板を返すの

も容易となりますのでよりアグレッ

シブな技へと変わっていきます。

 

⑤ボトムまでしっかりと降りる為に

スープを意識すること!!

 

 

 

という訳で

今日はポケットを見つけられるライ

ン取りを意識した乗り方に改善!!

 

 

そうすることで普段よりも数倍スピ

ーを上げられる!!

 

 

というお話しでした。

 

 

まずはここから練習していきましょ

う。。。

JSオーダーフェア終了となりました・・・

 

 

たくさんの方がオーダーしてくださり

誠にありがとうございました<(_ _)>

 

 

納期は12月前後となりますのでお楽

しみにお待ちくださいませ。

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Hiro (火曜日, 22 8月 2017)

    いつもありがとうございます、
    動画も確認しました。

    2点質問させて頂きたいのですが、
    リップを見上げるアップスは、小波でもですか?
    小波だとおり過ぎて失速してしまうのかなと考えてました。
    へばりついたアップスになっている、自覚もあり
    リップするセクション作れていないので、リップ出来るのが波次第の状況です。

    もう1点、よく使われている軸足ジャンプですが動画だとジャンプしてるようには見えないんですが、あくまでジャンプするイメージですか?軸足荷重でレールを使ってターンし力をトップまでにため込むイメージしていました。
    ボトムからジャンプしてしまうと、波の力が逃げてしまう感じがするんですが?
    お時間ある時に、お答え頂ければ嬉しいです。
    よろしくお願い致します。

  • #2

    店長 (日曜日, 27 8月 2017)

    「軸足ジャンプとは?」でお答えします。

ウェット通販サイト