ボトムターンはどうやるか?

最近不注意になることが多々あります

。みなさんも事故や火事には気をつけましょう。続き

暖かい天気が続いていますが、気持

ち良いですねーー

 

 

多少ながら波もある湘南ですので満

喫してくださいね。

 

 

 

さて。

今日はボトムターンのお話しです。

 

 

 

ボトムターンを練習中です!という

方がよくいらっしゃいますが、どん

な練習をしていますか??

 

 

そう尋ねると

 

 

レールを深く入れるように意識して

います!

 

 

そのような回答をしてくれます。

 

 

では、どのようにレールを深く入れ

るんですか??

 

 

 

そう聞いてみますと

 

ん・・・

 

 

 

みなさん明確な答えをだせずにおら

れます。

 

 

 

 

それでは、練習しているつもりにな

ってしまいモノにするには時間がか

かります。

 

 

 

 

そこで今日はその、レールを深く入

れる為にやらなければいけないこと

を、少しお話しいたします。

 

 

下の写真をごらんください・・・

 

 

 

 

 

これぞ!!

ボトムターンです!!

 

 

この形をどのような意識でマネをす

るのか??

 

 

ここを明確に知っていないことには

レールを深く入れることもできませ

ん。。。。

 

 

 

拡大可 ↓

右手を良く見てみましょう!!

肘から手首まで水面に触れています

よね??

 

 

この形を取ることで板に体重が乗り

レールを深く入れることができます

 

すなわち、右側フィン1本でターン

するということです。

 

前回のパーコのバックサイドのカッ

トバックと全く同じ形です。

 

 

 

 

これ、できますか???

 

 

無理です!!

 

 

なぜなら、この手の形を取るのであ

れば軸足の押さえ方をきちんとでき

ていないと絶対にできない体勢とな

ります。

 

 

 

 

深いボトムターンとは

そういうことの知識を得てからの一

個一個作り上げていかなければ、そ

う簡単にはできないことを知ること

が大切です。

 

 

それだけ難しいとされています。

 

 

 

 

スーパーストイックシステムでは、

ボトムターンの練習は致しません。

 

 

基礎的なライン取りや、軸足の使い

方。

そして、上半身の動き。

 

 

 

こちらを一個一個作り上げていきま

す。

 

 

 

そうすることで、基本を意識して波

に乗っているだけで、

 

「今のボトムターンは深かったです

ね!!

 

 

他者にそう言われるようになります。

 

 

 

 

つまり、知らないうちにボトムター

ンをやっているという状況になると

いうことです!!

 

 

 

 

 

何事にも基本が一番大切となります。

頑張っていきましょう!!

 

 

 

 

 

 

世界のどの選手が乗ってもコメント

はみな同じ!!

 

 

MONSTA’6は究極のボード!!

 

 

次回入荷は11月中旬を予定してお

ります。。。