軸足の使い方②

伝達の星、

水星がやってきました

!??

軸足意識の

改善特集。

続き→

サーフィンは後足でボードをコント

ロールすることを理解できれば、

急激に上達していくもの!!

 

 

前回のブログでお伝えした後足は車

のアクセルのような役割。

 

 

そんなお話しでしたが、今日はさら

に追及していきましょう。。。

 

 

 

まず、上の連写ではチューブに入る

瞬間、後足のヒザをモノ凄く曲げて

ます。

 

 

世界のプロサーファーの写真や映像

など見ても必ず同じ形になっていま

す。

 

 

みなさんは重心を低くするのは上半

身を倒せばいいのでは??

 

 

そう考える方もいるかと思います。

 

 

 

しかし、大抵の方は上半身を前に折

るような形を作るだけで、実際には

ヒザがあまり曲がっていないのを見

受けられます。

 

 

 

これは、結局の根源の話しは、上半

身を曲げて低くするだけでは後足意

識で乗れていないということです。

 

 

 

 

後足の親指にめいいっぱい力を入れ

、ヒザを内側に倒すことで重心が

くなるというイメージを持ってくだ

さい。

 

 

 

お尻の位置を低くするイメージでは

ただしゃがむということでNGとな

ります!!

 

 

 

実際にしゃがむ形を取ると、お尻か

背中のどちらかに意識を取られてし

まい後足意識が飛んでしまうんです。

 

 

つまり!!

どんな時でも後足の親指に意識を持

て!!

 

 

そういうことです。。。

 

 

 

上の写真はJSライダーサリーのヒザ

の形です。

 

親指におもいっきり力を入れてボー

ドを押さえ込もうとすると自然にこ

の形となります。

 

 

ここで重要なことは、後足のヒザが

ボードに付いてはいけないというこ

とです。

 

 

ヒザが付いてしまうと、三点締めの

ように加重が分散してしまいます。

 

 

脚力が弱い人はヒザがボードに付い

てしまいがちです。

 

 

その形を取ってしまうと後足意識で

ボードをコントロールしにくくなり

加速をかけるよりバランスを取る為

の動きと変わってしまいます。

 

 

 

それを改善する方法はただ一つ!!

 

モモ筋の力が足りないということ!

 

フィジカルを取り入れなければいけ

ません…

 

モモ筋が弱いと支えられないという

体勢となります。

 

 

 

世界のプロサーファーはサッカー選

手並にモモが太いんです。。。

 

 

 

 

つまり

 

後足意識で波に乗れるということは

モモ筋の力がないできないようなシ

チュエーションがたくさんでてきま

!!

 

 

 

そこも理解してください。

 

 

今日お伝えしたいことはチューブの

後足の使い方ではなく、普段波に乗

って転んでしまうこともたくさんあ

ります。

 

テイクオフからボトムに降りる瞬間

や、波のフェイスにこぶができバラ

ンスを崩してしまった時など。

 

 

そのような改善方法として後足のヒ

ザを深く曲げてボードを押さえ込む

形を作り上げろ!!

 

後足のヒザがボードに付いてしまう

ようであれば、モモ筋を鍛えなけれ

ば結局はできない。。。

 

 

そんなお話しとなります。

 

 

 

 

モモ筋を鍛える手っ取り早い方法は

スケボーをやることです!!

 

 

 

 

頑張って軸足意識で波に乗れるよう

に練習していきましょう。。。

 

 

ウェット通販サイト