バックサイドの出だし

シルバーWEEKも終わりとなりまし

た・・・

今日は久し振りに晴れて気持ちよかった

ですね。続き

バックサイドでボトムターンをやり

たいと考えた場合、最初に何からや

ればいいのか??

 

 

考えたことはありますか??

 

 

 

大抵の人は、ボトムに降りてから仕

掛けようと練習するものです!!

 

 

しかし!!

 

 

実際にボトムに降りてターンを

みたところで、レールが斜面に食

い込んでしまい波のトップ一気に

上ってしまうか、または後ろに転

んでしまうかのどちらかではない

でしょうか??

 

 

バックサイドでは波を背に向けて

る為に、後ろ加重になりやすい

事から、ちょっとの体重移動だけ

でへんな加速がかかってしまいま

す。

 

 

 

従って、波のボトムでしっかりと

ドライブがかかったターンを練習

するにはかなりの難易度になりま

。。。

 

 

 

 

そこで今日はバックサイドのター

ンを練習したいのであれば、テイ

クからの出だしの体勢から作り上

げろ!!

 

 

 

そんな題名でお話してみましょう。

 

 

 

まず、テイクオフで足を付いて立ち

上がった時点の体勢を見直すことを

おススメします。

 

 

進行方向の前の肩を波のフェイスに

対して「並行」になるように意識し

ます。

 

上の連写の前の肩をみると分かりや

すいかと思います。

 

 

そして、前の肩が波と平行になった

ならば視線を先に向ける為に首を肩

付けるような体勢を作ります。

 

上の連写ではアゴが肩に付いている

ような感じですが、この形を意識す

ることで波のフェイスの全体を見渡

せるようになります。

 

 

 

 

まずはこの体勢をしっかり作り上げ

ることです!!

 

 

 

 

そして

 

ここからが非常に大切な動きとなる

ので集中して読んでください。

 

 

 

 

 

親指に力を入れて軸足で踏ん張りな

がらヒザを曲げていきます。

 

 

ヒザを深く曲げる為には、進行方向

前の手を下に降ろします。この時

水面を触れるくらいが目安となり

すよ!!

 

 

水面を触れる!!イコールヒザが曲

がったことになります。

 

ここが重要ポイント1!!

 

 

そして反対側の手を肘に意識を持っ

ていきながらアゴに乗せた肩と平行

の角度にもっていきます。

 

 

ここが重要ポイント2!!

 

 

 

この形をテイクしてボトムに降りな

がら作ることで深いボトムターンを

やりやすくなります。

 

 

 

どうぞ試してみてください!!

 

 

今までとはまったく違うドライブが

かかることでしょう。。。

 

 

 

下のサーリのターンの形を完コピし

てください!!

スーパーストイックシステムでは、

このように一個手前の法則を使って

練習していきます。

 

 

 

このターンの形を取った時には、ボ

トムでスピードに乗っている為にG

のかかり方がモモ筋にズシンときま

す。

 

 

 

このGに耐えるモモ筋や体幹を作り

あげながら練習していかないと、な

かなか深いターンは習得できません

・・・

 

 

 

そう考えてみるとフィジカル面もあ

る程度必要になってくることが分か

るかと思います。

 

 

 

柔軟性の身体がないとボトムターン

をしたところでヒザが開きボードを

しっかりと押さえられない現象が出

てしまいます。

 

 

そこに気がつけば、本当にサーフィ

ンが上手くなりたいと思うなら、

しっかり基礎柔軟をするのが当たり

前です。

 

 

分かりますよね??

 

 

 

どうぞ本気で取り組んでください…

ウェット通販サイト