スピードに乗ったら!

今日からシルバーWEEK突入ですね!!

台風スウェルでやれそうな湘南。続き→

台風がまたまた上陸しそうな進路を

とっていますね。

 

 

波が立つのは嬉しいですが災害にな

らないかと心配ですね・・・

 

 

 

さて。

 

スケボーやスノボーでは、何か覚え

たい技などがあれば繰り返し練習す

ることができるので、覚えは速いと

思います。

 

しかし、サーフィンは予測不能に波

が崩れることから、やりたいことが

なかなかできない状況に陥ります。

 

 

だからサーフィンは究極に難しいの

ではないでしょうか・・・

 

 

 

お店に来てくださるお客様のほと

どの方はテイクオフやリッピングの

質問ばかりです。

 

 

 

一言にリッピングと言いましても波

のブレイクの状況によって、トップ

に上がる角度の違いが生じることか

板の返し方が様々です。

 

 

この板の返し方のバリエーションを

覚える為には、波のブレイクをある

程度予測できるようにならないとい

けません・・・

 

 

 

波が崩れる予測をしながらリップ目

がけて当てにいきますが、ブレイク

が速かったり遅かったりとその瞬間

に臨機応変の対応が必要となってき

ます

 

 

 

その動きに瞬時に対応するには

「上半身のリード」がすべてであり

ます。

 

 

ボードの着地場所を瞬時に判断しな

がら身体をひねっていかないといけ

ません・・・

 

 

 

波の予測判断から上半身のひねりを

入れていく動きはゼロコンマ何秒の

世界で判断していきます。

 

 

 

この動きを練習しようと思うのなら

基礎となるボードの押さえ方や上半

身の動かし方を先に習得していくの

がお勧めとなります。

 

 

 

何事にも基本が一番大事です!!

 

 

従ってリッピングの返し方をレクチ

ャーしても、基礎となる動きができ

ていなければ身体は付いてきてくれ

ません。

 

 

何事にも迷ったら「1個手前の法則」

を思い出して取り組んでみましょう!

 

 

 

 

 

 

今日は波のトップでスピードが付き

すぎた場合の板の返し方を少しご紹

介してみます。

 

 

 

上の連写では身体を波のフェイスに

寝かせながら板をお尻の下に引きず

り込むように返していきます。

 

まさにレイバックとなりますね!

 

 

このシチュエーションはスピードに

乗って波のトップに当てに行ったは

いいもの、波が思ったよりも厚くて

崩れてこない状況で行っていきます

 

 

スピードが付き過ぎた時にはこのレ

イバックを意識してトライしてみて

ください!!

 

 

 

 

このようにリッピングは様々な板の

返し方がありますので、いろいろと

試行錯誤しながら練習してください

ね。

 

 

 

 

下の動画では様々な板の返し方をや

っていますので参考に!!

ウェット通販サイト