ヒザが柔かいとは?

この時期になると海へ遠ざかってた方

も復活ですかね・・・

最初のパドルは辛いですよ

!!続き→

海の中ではヒザが固い人、柔らか

人を見受けますが、この違いは

いったいなんなんでしょうか・・・

 

 

 

ヒザを深く曲げれば柔らかく見え

のかというと、そうでもなく。

 

 

 

どういう動きをすればいったいヒ

ザが柔らかみえるのでしょうか?

 

 

そしてヒザが柔らかく見えるとラ

イディングはどのように変わって

いくのでしょうか??

 

 

 

今日はこのことについて書いてみた

いと思います。

 

 

 

 

 

 

 人間の体は縦への衝撃を防げるよう

に、サスペンションが存在します。

 

 

車で例えるなら、まさにスプリング

サスのようなもの。

 

 

このサスペンションをふんだんに使

うことで、ライディングのヒザを柔

らかく使えていきます。

足の指、足首、ヒザ、股関節(足の

付け根)。

 

この部分をふんだんに使うことでヒ

ザを柔らかい動きへと変わっていけ

ます。

 

 

 

それぞれのトレーニング方法をご紹

介しましょう!!

 

 

足の指を動かすことはボードを押さ

えるには絶対に必要になります。

 

 

 

スーパーストイックシステムでは、

足指じゃんけんができるように自己

トレーニングしていただきます。

 

 

これが一番効果的です。

 

 

そして、足首を柔らかくするには、

内側から外側に開くようにストレッ

チがベターです。

 

 

そしてヒザを柔らかくするには、フ

クラハギとモモ筋を鍛えることが一

番です。

 

最後に股関節は、股割150度開脚

 

 

 

 

このようなトレー二ングによって、

ボードに体重が乗るように変わりス

ピードも上がっていきます。

 

 

見た目はもちろん「ヒザが柔らかい

乗り方」となります。

 

 

上の写真の股関節に注目してくださ

い。

 

 

ヒザが外側に開かないようにギュッ

と絞めているのが分かりますか?

 

 

股関節を絞めるのはサーフィンにと

って必要不可欠な動き!

 

 

まずは柔らかくする為に、股割から

始めてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足の指、足首、ヒザ、股関節。

どれ一つでも使えていないと上の

写真のようなボードの押さえ方は

できません!!

 

 

日ごろからの下半身作りを意識し

てくださいね。

 

 

日常気が付いたら足の指を開いて

みるとか・・・

 

電車のフォームで傘でスイングし

ている人の隣でスクワットをして

みるとか(笑)

 

 

自分なりの工夫でトライしてくだ

さい!!

 

 

 

 

 

 

 

ウェットオーダーフェア開催中!

フルオーダー無料!!

 

納期2週間

 

期間限定 5月8日まで

 

 

このチャンスをお見逃しなく☆彡

 

 

 

ウェット通販サイト