フラットの場所を探そう

今年の恵方は南南東!

お話ししないで静かに

恵方巻を食べました…

続き→

今日ばボトムターンのお話しです。

 

ボトムターンと言われればその人

のレベルによって様々な形をイメ

ージすることでしょう。

 

 

このやり方についてはたくさんの

ブログを書いてきましたが、視点

を変えてお話ししてみます。

 

 

 

自分のライディング映像を見たこ

とがある方は共感していただける

かとおもいますが、波の中腹辺り

をスイスイ走っている方が非常に

多いですね。

 

 

 

実際に乗り手の感覚では波の下を

全開で走っているようですが、現

実では全くボトムに降りていませ

・・・

 

 

そのような感覚ではいつ?

 

どのタイミングでやるのか??

 

 

横に走っている場合

なかなかイメージができないか

思います。

 

 

 

そこでスーパーストイックシステ

ムではアップスンを改善してボト

ムにしっかりと降りる練習をいた

します。

 

 

そうすることで初めてボトムター

ンを練習できる状態に変わってい

けるんです。

 

 

ここの段階が基本作りとなていま

すのでしっかり打ち込んでくださ

いね。

 

 

 

それでは実戦イメトレタイムです!

スピードが付いたのでボトムに

降りてみましょう!!

 

 

そして題名にもある

 

フラットの

位置とはどこなのか??

 

 

しっかりと探ってみてください。

 

 

フラットの位置とは波のまっ平ら

の部分であります。

 

 

だいたいこのへんかな??

 

最初はただこれだけで大丈夫です。

 

 

いきなり深いターンをっしようと

しても絶対にできないので、この

最初のステップが入口となります。

 

 

 

 

上の写真のようにフラットの位置

とは、波のフェイスからかなり

れた場所にあるということを知

ことが先決です!!

 

 

その場所を見つけてからターンの

練習をすると、深くてかっこいい

形になっていきます。

 

 

 

このように段階を積んで練習する

ことが、結果、上達を早めていく

ことができるんです。

 

 

まずは波のボトムのフラットの位

置はどのへんなのか??

 

 

こちらから探って見てくださいね!

 

 

 

 

JSオーダーフェア開催中!!

 

 

 

ボトムターンの練習をするにあた

って、それなりのボードを考慮しな

ければいけません。

 

 

オーバーフロートの板やレールが

厚いものなどでは、その練習に適

ていません。

 

 

ボードチョイスもしっかりとした

ものを「選択」してくださいね。

 

 

 

今日はボトムターンの練習には最

適なJSモデル「LOW DOWN」

をご紹介します。

 

 

ボトムターンの伸び上がりや波のト

ップで板の切り替えしはとてもクイ

ックに反応いたします。

 

 

このモデルでボトムターンを極めて

ください!!

 

詳しい情報は 

 

JS LOWDOWNで

 

LOWDOWNとは??

 

 

 

JSオーダーフェアー開催中

 

【期間】2月1日~29日まで

 

【モデル】LOWDOUN

 

【波サイズ】ハラ~アタマ

【レベル】中級~上級者

 

 

【本数】20本のみ

※20本に足した際、終了いたしま

ので予めご了承ください。

 

 

 

【価格】¥125,000+TAX

 

 

ジュリアンウィルソンが乗るモデル↓

このチャンスをお見逃しなく☆彡