全ては右手から②

昨日は台風並みのお天気でした。

そのせいで

今日の湘南は波、上がりましたね

続き→

前回のブログでも右手の重要性をお

伝え致しましたが、今日は右手を使

えない理由を突き詰めてみたいとお

もいます。

 

 

 

まず、上の連写の右手をご覧くださ

い!!

 

大きく前に出すように回転している

のが分かりますね。

 

 

カットバックでもやはり右手の誘導

がとても重要です。

 

 

 

そして

分かっているのにもかかわらず、右

手を前に出すのを忘れてしまう理由

はいったいなんでしょうか・・・

 

 

実はちゃんとした理由があるんです

!!

 

 

 

 

 

 

これは心理学的に申し上げますと、

波のトップで素早くボードを回転さ

せて戻ろうとする場合、戻る場所に

一番近い体の部分が反応するように

人間の脳は作られています。

 

これは危険察知能力だと思ってくだ

さい。

 

 

それを踏まえて考えると・・・

 

 

 

つまり、カットバックとは

波のトップで左側に回転するもので

す。

 

 

そうすると必然的に体の左側部分が最初

に反応します。

 

これは、左目、左肩、左足です。

 

 

 

この部分が瞬間的に強く意識して身体が

反応していきます。

 

 

 

そうすると、

どうなるのでしょうか??

 

 

ヒザが曲がらずに前足を使って左

肩を開く動きになりますね。

 

 

この動きになった場合、左レールが

噛んで失敗するか、または板がボト

ム側までしか回らずに、ちょっとバ

クになってしまうものです。

 

 

 

 

つまり、サーフィンは軸足と右手の

コントロールで行う動きと真逆に反

する動きとなってしまいます。

 

 

 

 

上の連写でも右手の先行誘導から、

顔、軸足の順番で体重移動を行って

います。

 

 

 

 

つまりですね、

レギュラーの波に乗っている状態で

は、身体の左側部分に強く意識が向い

ているという心理なのです。

 

 

そのように波に乗っているので、とっ

さのリッピングやカットバックなどの

反応は最初に身体の左側部分が先行し

てしまうということなんです。

 

 

 

これがすべて失敗する原因です。

 

 

 

 

非常にマニアックなお話しになってき

ましたが(笑)

 

 

 

 

 

そうすると、普段波に乗る場合、体の

右側部分を強く意識すればいいのでは

ないでしょうか??

 

 

 

では、質問です!!

 

 

どこを強く意識すればいいのでしょう

か??

 

 

 

そうです!!

 

 

 

 

軸足と右手になりますよね・・・

 

 

 

 

この理論がどれだけ重要なのかを気

づけた人は必ず上達していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーストイックシステムでは

この軸足と右手の意識で波に乗る

練習を致します。

 

 

そうすることにより、今までの

サーフィンとはまったく違う乗り

方に変わっていきます。

 

 

 

 

ということで、みなさんも是非お

試しくださいませ★

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    西東京K田 (月曜日, 14 12月 2015 12:33)

    レール噛んだり、チョットバックの原因がよくわかりました、ありがとうございます。
    ラウンドハウスができるまで諦めず練習します!

  • #2

    店長 (火曜日, 15 12月 2015 19:41)

    原因が分かると練習も明確になりますので、すぐにできますよ(笑)
    頑張って下さいませm(_ _)m後、
    チョットで完成ですね!!