ボトムターンの練習方法

ゴールデンウィークも真ん中に突入!

いい波に乗れていますか?

込んでる海では事故のないよう気を付けてください。

さて。

 

今日はサーフィンの中で一番難しい

とされるボトムターンのお話しです。

 

クラブ員Aさんとの話しが大変盛り

上がりましたので、その内容を再

現してましょう!!

 

長編となりますのでお時間があると

きにじっくりとお読みください。

 

サーフィンは深いボトムターンがで

きてこそ、誰もが認める上手い人。

どうせやるならそこまで極めようと

いう意思が欲しいな・・・

 

 

A:もちろん極めたいと思っていま

すよ!!

A:いつも練習しているけど、たま

い感じのターンが出るようにな

ったんですよーーー。

 

 

おーーっ、それは素晴らしいね!!

 

その動きをビデオで客観的に見たこ

とはある??

 

A:いや、まだ無いんですよ・・・

A:なかなか撮ってくれる人がいな

んで・・・

 

自分の理想と現実はかけ離れている

がほとんどだよ。

 

 

その現実とのギャップを埋めていか

ない限り、習得した「つもり」とな

ってしまうから客観的に絶対に見て

ね。

 

 

 

スーパーストイックシステムでは、

「できているつもり」は客観視無し

では語ってはNG!!

 

できてるいるつもり症候群撲滅運

をしているくらいだよ(笑)

 

プロスポーツ選手は自分のフォー

を客観視しながら、監督やコー

チに悪い箇所を改善してもらいな

がら極めていくでしょ。

 

遊びの感覚では深いボトムターン

極められない境地だよ。

 

 

 

A:ハイっ!!

A:よく分かっています・・・

A:興味半分でてんちょうに質問で

ないことも(笑)

 

 

そんなイメージなんだ、ワタシって

・・・

 

 

A:サーフィン以外のことは、全部

ふざけてますけど(笑)

 

ん・・・

なんか複雑な気持ちだけど・・・

 

 

 

 

A:てんちょう!!

今日はボトムターンの秘策を教え

てもらってもいいですか??

 

A:まずは理論で叩き込め!!

って、ことでお願いします。 

 

 

 

 

 

では、これからジュリアン・ウィル

ソンのボトムターンを見ながらその

体勢を分析していきながら、細かく

理解していきましょう!!

まず初めに

ボトムターンを行う前の準備が絶対

に必要だからね。

 

技に入る前はすべて一呼吸する「間」

を作るクセをつけて!

 

その「間」から、板を寝かせる為に

体を前に倒す動作として右手を前に

出していきますよ!

 

 

これをこの前意識した??

 

A:そこは2000回聞いているのでク

セになっていると思います・・・

 

 

じゃ、右手はOKね!!

 

では、次。。。

 

 

前に出した右手のヒジを水面ギリギ

までもっていけたのかな??

  

A:いや。ヒジを水面に付けるよう

意識をしましたが、まったくでき

なっかたです・・・

 

 

そっかぁ。。。

じゃ、上の写真のような体勢を取っ

ていなかったという事だね。

 

 

A:ハイ・・・

A:できていません・・・

 

ここからが重要な話しだよ!!

 

 

やろうとしてなぜできなかったの

か??ってこと。

 

なぜだと思う??

 

 

A:ヒジを前に出すところまでは

識できたんですが、水面までも

っていけなかったんです・・・

 

A:簡単に言うと体勢を低くでき

なかったという感じですかね…

 

 

右手を出した時の後足で板を押さ

えている感覚はあった??

 

A:後足の指でテールをおもいっ

きり押さえている感覚はありまし

た。

 

 

じゃ、

前足はどうだった??

同じように力を入れられた?

 

A:前足に力が入らなかったです…

 

それなんだよーー!!

前足の使い方がかなり難しいんだよ

ね。

 

この前足の使い方を練習しないとヒ

ジを水面まで持って行けないんだよ

!!

 

A:たしかに板を寝かせようとして

も倒れなかったから、ヒジを水面に

もっていけなかったですね・・・

 

 

これは結局、股関節を締めながらモ

モ筋の力で板を押さえる練習をしな

ければ、上手くいかないんだよ!!

 

A:結局、正しい立ち方が完璧にで

きていないとヒジは水面にもってい

けないってことですね。

 

 

ハイ!そのとうり!!

 

だから基礎をいつも完璧に作れって

いっているでしょ。

 

A:20000回目です

 

上の写真では手の平からヒジまでが

水面についているのが分かるでしょ

??

A:てんちょう!コレやりたいっす!

 

この体勢を取っていない場合は板を

寝かせていないということを頭にた

たきこんでね。

 

ボードの押さえ方の基礎を作り上げ

なければ、ただしゃがんでいるだけ

のボトムターンとなるので注意!!

 

 

足首だけに頼ったレールの入れ方は

体重がボードに乗らないのでスピー

ドも出ていないからね。

 

 

しかも波のフラットの位置で足首だ

けで板を寝かせてもターンは不可能

 

 

ボトムとフェイスの境目あたりでレ

ールを入れているターンは、ボトム

ターンと言ってはNG!!

 

 

 

A:わかりました。足首だけでのタ

ーンではボトムターンと言ってはい

けないんですね・・・

 

 

 

それがつもり症候群と言うんだよ(笑)

 

 

 

このジュリアンのような体勢は見様

見真似だけで、できるモノではない

からね。。。

 

 

しっかりとボードの押さえ方の基礎

を作り上げて、そして、そのGに

られるモモ筋を鍛えなければ一生

無理となりますよ!!

 

 

 

A:そうなんですね。

A:すっごく勉強になりました!

 

 

A:ここまで聞いたら、最後まで

いろいろ教えてください・・

 

OK!!

上の写真の体勢がクライマックス!

 

ターンの終わり掛けが前足に一

Gがかるので、この練習を集中して

やり込むのがプロサーファー。

 

通常ではあり得ない程のボードの寝

かせ方だよね??

 

 

A:板のノーズが進行方向に向いて

るのに対して、体は波のトップ側

を向いていますね。

 

 

そうです!!

この体勢はあり得ないほどGがかか

っていくんだよ

 

A:だからプロはここを練習してい

くんですね。 

 

 

一番分かりやすい例えは、ダブル

くらいの波に乗ったら板が震える

でしょ??

 

A:ダブルはともかく頭くらいで

も板がプルプルしますよーー

 

そうそう、その時におもいっきり

しゃがみながらレールを入れるタ

ーンを想像してみて??

 

 

A:そうとうなGがかかるのが分か

ります。その中で板を押さえつけ

る力はハンパないっすねっ。

 

 

だからそのGに耐えられる力をトレ

ー二ングしていくんだよ!!

 

 

A:なるほど・・・

 

 

じゃ、次はボトムターンから波のト

ップに上がっていくやり方にいきま

すよ!!

 

波のトップに上がっていく動作が

いつも言っている軸足ジャンプに

切り替える時。

 

前足で深くレールを入れていた体

勢から波のトップに上がるとなる

と、板の軌道は必然的にプルアウ

トするようになってしまうでしょ。

 

 

したがって前足の意識をかかとに切

り替えなながら軽く押さえるように

体重移動していくのがポイント。

 

 

A:たしかに軸足でジャンプできた

時はリップで板を返せます。

 

A:でも、前足加重が上手く離せずに

そのまま波のトップに上った時は、

必ず転んでしまいます・・・

A:このジュリアンの体勢はすご

く分かりやすいですね!!

 

そうそう、これが前足加重から軸

足ジャンプに切り替えた瞬間だよ

 

そうすることで軸足に加重がかか

り板の軌道もコントロールできる

ことになるから!

 

 

A:軸足ジャンプを確実に習得す

る練習方法ってありますか??

 

 

ストイックシステムではこの軸足

強化を練習していくんだけど、み

なさんかなり手こずっていますよ

。。。

 

 

これはスケボーが一番良い練習に

なるから必ずやってね。

 

A:ハイ。軸足を意識してやり込

みます!!

 

軸足ジャンプができてこそ、波のト

ップに上がっても軸足で板を押さえ

られるんですね。。。

この動きがないと上半身が板から離

れてしまうからね!!

 

つまり!!

 

A:軸足意識で上半身のリードです

ね!!

 

 

 

正解!!

後は右手のリードと首を使って反転

していけば、深いターンからのア

ションが成功するって訳!!

 

 

A:カットバックも教えてくれるんで

すか??

A:嬉しいですっ!!

左手は水面を触ること!!

 

 

今日はボトムターンのはなしな

のでカットバックはまた今度ね

 

 

A:てんちょう!! 

確認だけさせてください。

A:ボトムターンでは右手で水面。

A:波のトップでは左手を水面。。。

 

A:たくさん覚えることがあります

が、これを忘れないでやり込めば

いいですか??

 

 

 

そうですね。

まずは明確となることを一個一個

やっていけば必ずできるようにな

るから頑張って!!

 

 

 

一個一個モノにしていくプロセ

楽しむことが上達の秘訣となり

ますよ。

 

 

 

A:ハイ!!

A:よくわかりました!

明日から心機一転で頑張って突き

めていきたいと思います。

 

 

 

何事にも基本が大事ですからね。

 

 

これ聞くの何回目??

 

 

A:ハイ!!

20000回目となります・・・

 

 

 

頑張ってください(笑)

 

ボトムターンは軸足で板を押さえつ

け、前足を踏ん張ってレールを入れ

ていきます!!

 

 

この足の使い方は股関節をしっかり

と締め付けれる練習が一番最適です

 

 

日頃からクセをつけれるように、

常に意識することです!!

 

 

頑張って練習してくださいね。

 

 

今日ご紹介したジュリアンウィルソ

ンが乗っているモデルはAIR17と

ります。

 

 

写真のようないい波でも、風波のバ

ッドコンディションでも本領発揮と

なるハイパフォーマンスモデルとな

ります。

 

 

 

ジャパン正規モデルをさらに改良し

て、コシくらいの波でもスピードを

出せるようになっています。

 

 

AIR17でアグレッシブにボトムタ

ーンを習得してくださいね。

 

 

 

ウェット通販サイト