今日の練習会

最近の天気は西風の影響で風が冷たいですね

。しかも花粉が凄いので辛い…

続き→

スポーツをやるのであれば身体の

柔らかを求めるのは必然です・・・

 

身体が固いと動きは当然固くなり、

怪我も伴いやすくなってしまいま

す。

 

サーフィンを今以上に上手くなりた

いのであれば、身体の柔軟性を求め

ることをおススメします。

 

たとえば・・・

正しいボードの押さえ方を例にあげ

てみましょう。

 

 

ボードの上に立ち、フル加重をかけ

て押さえ込む形を作る場合、ヒザを

曲げながら股関節を思いっきり締め

付けていきます。

 

この時に太ももの内側の筋肉を使い

、股を締め付けるようにしながらヒ

ザをくっつける意識が重要です。

 

この体勢はブレない姿勢と加重が倍

増する立ち方です。

 

 

身体が固い場合、この体勢を作るこ

とは不可能です。。。

 

 

つまり、いくらサーフィンの練習を

してもボードをしっかりと押さえら

れないということになります。

 

 

軸足意識で波に乗ることは一生不可

能だと言い切れます・・・ 

そのようなことを考えても、股割は

最低限のことであります。

 

 

地面におでこが付くくらいは、当然

のお話し・・・

 

胸が全部付くくらいにならないと、

太ももの筋肉は柔らかくなりません。

 

 

毎日、お風呂上がりで身体が柔らか

くなっている内に柔軟をやることで

1ケ月もあれば、どんなに固い人で

も地面におでこが付くようになりま

す。

 

 

逆に毎日ちゃんとやっていて付かな

い人をみたことがありません。。。

 

もし、毎日やっていてもできない場

合はやり方が間違えているか、自分

の甘えだけです。

 

しっかりとやっていきましょう!!

そして軸足バランスをテストしてみ

ても、身体が固いとぐらつく原因が

生じます。

 

これは足首の柔らかさが重要となり

ます。

 

素早いレールワークや加重をかける

踏み込みなどは足首をふんだんに使

っていきます。

 

こちらもしっかりとやりこんでいき

ましょう。

そして波のトップでターンをするな

らば上半身のひねりと腰の回転を使

って行います。

 

身体が固いのであれば、ロボットの

ような動きになり、スムーズにター

ンが行えず、力任せになりがちです

 

力任せになってしまうと、動きは固

くなりフローが上手くいかなくなり

ます。

 

もちろん急なターンはできるわけが

ありません。

 

 

スーパーストイックシステムではこ

のように基礎的なフィジカルを重ん

じることで、一個一個突き詰めてい

きます。

 

 

これくらいやらなければ、サーフィ

ンの基礎を作ることはできないとい

うことです。

 

 

サーフィンはそんなに甘くありませ

んよ!!

 

 

しっかりと自己練習していきましょ

う。。。

 

 

それでは今日の実践となります。

 

 

今日の天候は晴れ

波のサイズはハラ前後・・・

 

強めのオンショアが吹いていました

が、フェイスも残る波もあり、切れ

た波を捕まえれば2アクション可能

 

なかなかのイイ波です・・・

 

 

しかし、普段オンショアの波を避け

ている人には難しく感じることでし

ょう。

 

 

オンショア大好きになれるような感

覚は、その波の乗り方を覚えるしか

ありません・・・

 

 

贅沢病はサーフィン上達を妨げる、

種の病気です(笑)

 

 

 

柔軟の思考と身体を手に入れること

で、上達に加速をかけていけます。

 

 

すべては自分です!!

 

基礎を作る為の努力は絶対に必要・・・

 

 

頑張って課題を克服していきましょ

う。。。

 

 

 

 

本日は大変おつかれさまでした。

 

 

 

 

ここ最近、ブログ更新ができずに、

大変申し訳ございませんでした…

 

だいぶ落ち着いてきましたので、こ

れからたくさん更新できるよう努め

ます。。。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    勇作 (土曜日, 11 3月 2017 19:41)

    待ってました!!!

  • #2

    店長 (日曜日, 12 3月 2017 14:16)

    いつもご愛読ありがとうございます!!これからも勉強に役立てるブログを書いていきますのでよろしくお願いいたします。

ウェット通販サイト