先を見るためには??

サーフィンを極めたいのであれば

この練習をするべきです!!

続き→

非常に寒くなってまいりました…

海に行くのが辛い時期となりますが、

人も減ってくるのが必然です!!

 

これはチャンス。。。

 

 

今、頑張れば、春には一歩上をいく

レベルに変わっていますよ。

 

 

頑張っていきましょうーー。

 

 

さて。

今日はかなりのマニアックなお話し

を書いてみようと思います。

 

 

 

サーフィンにおける大事なことは、

「視線が大事!!」

 

これは何回もお伝えしていますね。

 

 

テイクオフでも波のフェイスを見な

がら立つことで、自然に見た場所へ

導かれます。

 

 

下を見てはNGですね。

 

 

 

直進的な動きでは上達につれて遠く

を見れるようになっていくはずです。

 

 

 

 

しかし、

カットバックの回転する瞬間や、リ

ッピングで当てに行った瞬間などは

足元を見たり、ボードを見てしまい

がちです・・・

 

 

先を見れないために失敗してしまい

ます。

 

 

スピードがつけば付くほどにその視

野は狭くなっていきます。

 

 

まさに車の運転と同じですね。

 

 

ある程度のアベレージになると、感

覚だけで板を動かしていくのをつか

みます。

 

 

しかし、

そこから抜け出せない方ばかりです。

 

 

波が良いとできる!!

 

これではNGです。

 

 

どんな波でもスピードを付けてでき

るアベレージにならないといけませ

ん・・・

 

 

 

そのためには何が必要なのか??

ということです。

 

 

 

先ほどの話しに戻りますが、

「先を見る!!」です。

 

 

 

ここが上級者へ向かうステップとな

ります。

 

 

そして、先を見るためには??

 

ここが今日のポイントです。

 

 

上の連写はソウルサーファーこと

べサ二ーの動きです。

 

彼女は片腕が無いハンデを太もも

の筋肉UPと首の筋肉を鍛え上げま

した。

 

首の動きをよく観察してみましょ

う。。。

 

 

 

波のトップからターンに入る瞬間の

首の形です!!

 

波のトップに上がるベクトルがある

にもかかわらず、反対側を見ていま

す。

 

 

これが「先を見る!!」テクニック

です。

 

 

 

つまり、目で先を見ようとするので

はなく、首を使って先見るという感

覚を覚えることが重要です。

 

 

 

これが、バックサイドで板を縦に上

げる時。

 

リッピングで垂直に上げた時。

 

カットバックで波のトップから回転

していく時。

 

 

すべて。

 

 

首で先を見る!!

 

 

これが今日の本質となります。

スーパーストイックシステムでは、

この首の筋肉を柔らかくしないと先

は見れないという方針で、トレーニ

ングして頂いてます。

 

 

わかっちゃいるけど、できない!!

 

そうならないために、普段から首の

筋肉を使う練習をしていきます。

 

 

 

そのくらい練習しないと、首の筋肉

は使えないものです。

 

 

 

みなさまもぜひ、先をみるために首

を意識した練習をしてみてください

ませ。

 

 

 

かなりのマニアックな話しとなりま

した(笑)

 

 

 

寒い冬でも頑張っていきましょう!!

 

 

JSオーダーフェア開催

2月1日より2017年JSモデル

オーダーフェア開催です!!

 

 

詳しいことはブログで紹介してい

きますのでお楽しみにお待ちくだ

さい★

ウェット通販サイト