先を予測した動き

暑さ寒さも彼岸まで…

まぁ、本当にそのとおりですね!

肌寒いので風邪に注意

続き→

台風が過ぎ去って急に寒くなってき

ました・・・

 

夏がついに終わった感じでさみしい

ですね。

 

 

さて。

 

今日は連日お話している、波を読む

判断力がなければ上半身の素早いリ

ードが行えないということを踏まえ

て解説してみます。。。

 

 

波に乗っている最中にどのように崩

れてくるのかを予測しながらボード

コントロールしていく訳ですが、

すべて上半身のリードから行うこと

が先決となります。

 

 

ライトの波に乗っているとしましょ

う!!

 

リップが崩れてくるのか?

リップが厚くなるのか?

 

 

 

この二つに絞り込んでください。

 

 

そうすることでこの二つの動きを

ひたすら練習することができます。

 

 

 

 

サーフィン上達練習に欠かせないの

は明確なるやり方を知る!!という

ことです。

 

 

 

 

従って

 

波が厚いか?

崩れてくるのか?

 

 

この二つを判断しながら波に乗るこ

とで、成功速度が著しくアップして

いきます。

 

 

 

 

今日は波のフェイスが厚くなった時

の上半身のリードをみてみましょう

 

 

 

 

 

上半身の動きとは??

 

常にボードの方向に対して先にリー

ドしていくものです。

 

上の写真の左肩を見てみましょう!

ボードがスープ側に向かっているの

に対して左肩は波のフェイスに向か

って動いているのがわかりますね。

 

上半身とボードの動きは逆ですね。

 

つまり

これの逆に動くというのが先を読ん

だ上半身の動きということです。

 

 

 

 

通常の方は上半身の動きとボード

を向けるスピードが同時に行って

います。

 

 

この動きでは遅いということです。

 

 

 

 

常に上半身を先に先に動かすこと

で素早いボードコントロールがで

るようになっていきます。

 

 

 

 

たとえば、波に乗っているとしまし

ょう。

 

 

厚くなったフェイスを戻る意識で波

のトップに上がり、後ろに戻る意識

に切り替えます。

 

波のトップに上った時には後ろ側を

見ていなければなりません・・・

 

 

ボードは波の進行方向。

身体は波の後ろ側を向いている。

 

足と身体がねじれたパンのような

状態です。

 

 

 

つまり、これこそが板と身体が同時

に動いているのではないということ

になります。

 

 

 

わかりますよね??

 

 

 

同時に動いている方がほとんどです

 

 

ここを絞り込んだ練習をしてください

!!

 

 

やり方はまた次の機会で書きますが

連日のブログを読んでくだされば分

かるかと思います。。。

 

 

 

 

 

スーパーストイックシステムでは、

最初から波に乗る時は上半身のリ

ードで乗るという練習になります

 

 

基本ができていないのに

いきなり技をかける練習などして

もできるはずがありません・・・

 

 

上半身のリードがすべてというの

も、テイクオフにもつながってい

きます。

 

 

素早く立つには上半身のリードか

ら行っていくんです!!

 

 

ピンときますか??

 

 

しっかりと意識してやり込んでく

ださいね。。。

 

 

ウェット通販サイト