上半身のひねり方

連日お伝えしております、

サーフィンの

乗り方は軸足意識と上半身のリードで行います。続き

前回のブログでは

サーフボードを上手くコントロール

するには、波を読む判断能力が非常

に大切とお伝えしました。

 

 

ブレイクに合わせた動きを瞬時に判

断しながら波に乗っていかなければ

なりません・・・

 

 

その判断能力がついてこそ、ライン

取りというものが確立していきます

 

 

 

ボトムターンの練習をしたいのであ

ればどのように波が崩れるのかをき

ちんと把握していなければ上手くで

きるはずもありません。

 

 

今日は波のブレイクの予測ができて

こそ上半身のひねりを的確にできる

ということを踏まえて解説していき

たいと思います。

 

 

 

 

 

 

まず、上の連写では波のトップに上

った時の状態です。

 

 

この時点で、ある程度波のブレイク

を予測していることでターンをして

いるというのが先決となります。

 

 

波のトップに上ってからの判断では

遅いということです・・・

 

 

 

従ってよくこのブログでは

「ボトムから仕掛ける」といってい

ますが、波のボトムにいる時点でど

のように崩れるのかをおおよそ判断

しながらトップに上っていきます。

 

 

 

この判断力を持てるか持てないかで

大幅に上半身をひねれるか、ひねれ

ないのかが変わってしまうんです。

 

 

簡単に言えば、前準備がなければ上

半身をひねることは余計に難しいと

いうことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボトムにいる時点で波のブレイクを

予測した上でトップに上がり、スー

プ側に戻る一連のイメージを作り上

げていなければ上半身のリードは上

手くできないということを頭にたた

きこんでください。

 

 

 

そのような思考を植え付けてしまえ

ば、波トップに上った時には、左手

、首、右肩の順番で上半身をひねっ

ていけばモノにできます。

 

 

この順番で間違いありません!!

 

 

今日はグーフィの方に向け上半身の

ひねり方をご紹介いたしました・・・

 

 

 

 

頑張って練習してくださいね!!

 

 

 

 

 

カリフォルニア・トラッセルズの

ハレープロではパーコが絶好調で

したね!!

 

 

大会で使用しのがMONSTA6です

が、このボードのおかげだと言っ

ております。

 

 

 

次回のブログでは入荷してきたモ

ンスタ6をご紹介をいたしますの

でお楽しみにお待ち願います★