トップで転ぶ理由

たまにはご質問に答えてみようかと思います

っ!!勉強してください。続き→

初めまして。
最近当ホームページを発見して、サ

ーフィン上達方法を大変参考にして

います。

いくつかのトピックでオフザトップ、

オフザリップに関して詳細に説明し

て頂いているのですが、未だに感覚が

掴めず、質問させてください。

フロントサイドでボトムターンをして

トップに上がって行った後、波のトッ

プに合わせて板を返そうとするのです

が板が動かず、体は岸側にお尻から倒

れ、板は沖側に飛んでいってしまいま

す。

また、バックサイドで板をトップに上

げようとするのですが、どうしても板

が上に上がらず、体だけ波のトップを

むいている状態でもがき、その間にト

ップが崩れてリップを体正面から食ら

ってしまっています。

どこに注意、意識をもってオフザトッ

プに取り組めばよいでしょうか。


 

 

 

いつも読んでくださり誠にありがと

うございます。

 

 

久しぶりに質問回答させていただき

ます!!

 

 

ご質問内容は

 

「リップに当てにいったけど、板と

体が離れてしまう・・・」

 

 

 

こちらの質問について解説してみま

しょう!!

 

 

 

 

 

 

 

まず、分かりやすく説明致しますと

板と身体が離れる最大の原因は

 

「目線」に問題があります!!

 

 

波のボトムからトップに上がるまで

に、ボードを見ながら飛びあがって

しまう事で転んでしまいます。

 

 

体は岸側にお尻から倒れ、板は沖

側に飛んでいってしまいます。

 

目線がボードを見てしまうと、この

ような転び方に必ずなります。

 

 

 

これは、波のトップからボードを返

す軌道が放物線を描くようになる形

を頭でイメージできていない為であ

ります。

 

 

上に投げたボールが下に落ちる瞬間

に目線は下を向いているようなイメ

ージが必要となっていきます。

 

 

波のリップだけを見ているだけでは

ボードは返りません・・・

 

 

 

そこで、写真を使って解説していき

ましょう!!

 

 

 

①ボトムで波の崩れそうな場所を

 見る。

 

 この時に右手を前に出すことで

 右側のレールに体重が乗りやす

 く加重をより強くかけることが

 できます。

 

②波の崩れそうな場所に向けてジャ

 ンプしていきます。

 

 この時に、上半身をひねりながら

 ジャンプしていくのが理想です。

 上の写真は左耳と肩が近い体勢を

 とっています。

 

 波のトップに上がったら目線を下

 に向けやすい形にするために首の

 ひねりを最初に入れていきます。

 

 

③左肩を波の内側に入れることで、

 後ろ足のジャンプする動きと連動

 させます。

 

※これは難易度があり、ここをスト

 イックシステムは徹底的に練習し

 ていきます。

 

 

④波のトップに上った時点で頬が肩

 につきそうですね。先ほどのボト

 ムからジャンプをする時にこの形

 をイメージしなければいけません

 。

 

※つまり、波のトップで板を見てし

 まうと転んでしまいます。

 

「板を見てはNG!!」

 

「視線はボトム!!」

「着地場所を見る!!」

 

 

 ボールの放物線を描くようなイメ

 ージで、波のトップに上ったなら

 首を使って下を見る!!

 

 

 こちらを練習してください!!

 

 

スーパーストイックシステムでは、

視線を下に向けるためにはどうす

ればよいのか??

 

ここを

とことん突き詰めていきます。

 

 

 

分かってはいるけれども、いざ実践

してもなかなか下を見れない・・・

 

そんな方も多いかと思います。

 

 

 

 

分かっていても見れない状況をすべ

て見据えたうえで、どうやったら見

れるのか??

 

このように改善していきます。

 

 

ここは頑張って波のトップから着地

場所をしっかりと「見る」ことから

練習してくださいね!!

 

 

 

 

⑤右手の反動で上半身をひねり

 腰を回転させていきます。

 

※上半身のひねりとは、結局は腰の

 回転をいかに速く回せるか??

 

 そこに焦点があたります。

 

この腰の回転スピードを速めること

こそが、板の回転スピードと繋がっ

ていきます。

 

 

ここはスーパーストイックシステム

で教えていますので興味がありまし

たらお越し願います。

 

 

 

 

 

⑥軸足意識で着地する

 

 板をボトムに返す瞬間に前足だけ

 を使ってしまうとノーズが刺さっ

 たりします。

 

 

 前足の踏み込みは後ろ脚を使う!!

 体重比率の計算された踏み方を

 覚えるとノーズが絶対に刺さり

 ません。

 

 

リッピングを練習している方は、

波のトップに上った時にどうしても

ボードを見てしまう現象が生じます。

 

 

スピードがついている場合やリップ

にボードが押されて返す場合。

 

またはフローター気味に着地する時。

 

 

このような時はボードを見ても板が

返ることも起こりえます。

 

 

しかし、今日のご質問内容は

 

「オフザトップ」です!!

 

これは波が崩れる前に板を返すとい

のが定義となります。

 

 

つまり、波の反動だけに頼らず、自

分の力で板を返すということです。

 

 

波に乗りあげて着地するのとはまっ

たく違います。

 

 

ここを踏まえて練習してくださいね!

 

 

 

 

 

オフザトップをやる為には、ロッカ

ーが弱いものや容積率が多いボード

とかえって難しいこととなります。

 

 

ある程度のロッカーがあり、パフォ

ーマンス性に優れていないと習得す

る道のりは長くなる一方です。

 

 

JSサーフボードではこのような動き

を実力以上に引き出してくれるボー

ドとなります。

 

 

是非、お試しくださいませ。

 

 

JSオーダーフェア開催

 

【期間】8月1日~31日まで

【本数】限定20本まで

 

 

【納期】3ケ月

【モデル】全種類対応

 

 

このチャンスをお見逃しなく★

 

 

 

 

 

ウェット通販サイト