ポケットは後ろ側にある

低気圧の影響で波のサイズ

も上がりそうな状況です。

ゴールデンウ

ィークに向けてのイメトレ

続き→

波のフェイスを横に気持ち良く走っ

ていると、急にフェイスが丸く

、明らかに反対側に戻る波と判断で

きた場合、カットバックを仕掛けま

すが。。。

 

 

 

しかし、

微妙なフェイスの張り具合の場合、

そのまま横に走ってしまいがちなも

のです。

 

 

 

ここの処理をしっかりと練習するこ

とでスラッシュバックを習得できる

ようになっていきます。

 

 

 

今日は微妙にフェイスが張っている

波の対処法について書いてみたいと

思います。

 

 

 

技で言うとスラッシュバックとなり

ますよ!!

 

上のパーコのような写真は雑誌な

どで必ず目にするかと思います。

 

 

この技は波のフェイスがやや厚い時

に仕掛けていくものです。

 

 

 

この一連の動きを解説いたしますの

で、イメトレに役立ててください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず波のトップで板を回転させて後

ろ側のスープに戻る意識が必要にな

っていきます。

 

 

スープに戻るということが波のポケ

ットでアクションを仕掛けるという

ことに繋がっていくんです。

 

 

ここをしっかりと理解することで、

波のフェイスが続いても、後ろ側に

存在するポケットを気にしながら波

に乗れるように変わっていきます。

 

 

まずはこの意識から思考を作りあげ

る必要があります。

 

 

 

 

 

波のフェイスが厚いと判断するには

ボトムにいる時に気が付いていなけ

れば、なかなか上手く技を仕掛けら

れません。

 

 

この話しは何回も伝えていますが、

下から(ボトムにいる時)仕掛けるよ

うに心がけてください。

 

 

そして波のトップに上った時、すで

に反対側にあるスープ(ポケット)に

意識を完全に向けることが必要です

 

 

 

その意識が右手の誘導と反対側を見

る首の筋肉を使えるようにと変わっ

ていきます。

 

 

つまり!!

波の反対側(ポケット)を常に意識し

て、首を使って「見る」というこ

とです。

 

 

この話はかなり重要なので「理解」

してくださいね。

 

 

 

 

そして軸足にしっかりと体重を乗せ

て、左肩を波のスープに向けて引張

り上げていきます。

 

 

 

 

そうすることでボードがスープへと

加速していけるようになっていきま

す。

 

 

 

 

後はスープが崩れているタイミング

でボードを進行方向に向けていけば

また、波のフェイスが張っていきま

す。

 

 

この一連をイメージしながら下の連

写をみるとわかりやすいかと思いま

す。  ↓

 

 

 

①ボトムから仕掛ける準備

 

②波のトップに上がった時点で軸

 足にしっかりと体重を乗せる

 

③右手の誘導から首の筋肉を意識

 して反対側を見る

 

④スープに向けて左肩を引っ張り

 あげる

 

⑤スープが崩れるタイミングに合

 わせ板を進行方向に向ける

 

 

 

 

この一連の動きがスラッシュバック

となります。

 

 

スーパーストイックへのご質問を

たくさんの方からいただいており

ます。

 

 

誠にありがとうございます。

 

 

 

 

このスラッシュバックを覚える為

に必要なことは、やはり基本を学

ぶことが一番道のりは早いと考え

ております。

 

 

 

波のトップに上った時点で、軸足

に体重をかけることは困難です。

 

 

日頃から軸足の使い方を学んでい

くことが絶対に必要と感じます。

 

 

 

 

そして、上半身の使い方も同じこ

とが言えますです。

 

 

波のトップに上ってから上半身を

誘導しようとしても遅れる一方か

と思われます。

 

 

 

 

したがって、基本をしっかり学ん

でいるうちに、知らず知らず上達

していく流れへと作り上げていま

す。

 

 

 

 

今回2016年度後期

スーパーストイックシステム募集で

は、10人という大変少ない枠とな

ってしまいます。

 

 

本気でサーフィンを上達したいとい

う方は5月21日(土)から募集を開

始いたしますので、ショップに足を

運んでください。

 

 

お待ち申しあげております。

 

 

詳しい応募方法はこのブログでお知

せいたしますのでマメにチェック

してください。

 

 

よろしくお願いいたします。