パドルを改善

テイクオフを極めるためにはパドルのやり方を見直すことをお勧めいたします。

続き→

テイクオフに関してのご質問が非

常に多い中、視点を広げて考えて

みると、やはりパドルのやり方に

問題がありそうですね!!

 

 

 

いまいちテイクオフが遅いような

気がする・・・

 

そんな悩みを抱えている中級者以

上の方に向けてパドルを改善する

方法を書いてみたいと思います。

 

 

これは結果、テイクオフを早める

技術とお考えください・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、パドリングの概念とは??

のお話しからです!!

 

みなさんが思うパドリングとは

ドに寝そべりながらクロールの

うに両手で水をかくことだとお

います。

 

肩に力を入れながらおもいっきり

水を掻きあげることでパドルのス

ピードを上げられると考えている

ことでしょう。

 

 

 

スーパーストイックシステムでは

まず、その前にしっかりとした寝

そべり方を重要視します。

 

 

 

 

 

正しい立ち方では、ボードの上に

立つという概念ではなく、ボード

を両足で挟むように

 

「押さえ込む」

 

 

このように伝えておりますが、

パドリングも実はこれとまったく

同じです。

 

 

 

ボードの上に寝そべるのではなく、

体を使ってボードを「押さえ込む」

という概念です。

 

 

 

こちらを理解してやり込まないと

ボード全体を沈めながら素早いテ

イクオフを完成させることはでき

ません・・・

 

 

 

 

ボードを押さえ込んだパドル…

 

イメージできますでしょうか??

 

 

 

 

やり方については、テイクオフ講座

でも書いてある「尺取り虫」のよう

な形で寝そべってボードをしっかり

と押さえ込むということです。

 

 

胸を浮かせながらヒザでテール側を

押さえ、重心をへそにもっていきま

す。

 

 

 

 

そうすることでボードに寝そべると

いう感覚よりも、身体全体でボード

を押さえ込んでいる感覚になること

でしょう。

 

 

 

 

 

その形を作り上げると、 

普段のパドルと比べて考えられな

くらい腰や背筋に付加が加わります。

 

 

 

そして

水のかき方も肩が前にでるような

パドルの形になり、お腹の下に水を

集められるように変わっていけるん

です。

 

 

その水のかきかたを覚えると、いま

までのようなクロールするメージと

は違い、ショベルカーでく土を掘

るような水の掻き方を習できます。

 

 

 

世界のトップサーファーは厚い波を

追いかける時には、水を掻く手を肩

まで水面の中に沈めながらパドルの

出だしを作り上げます。

 

 

 

私が初めてオーストラリアでその姿

を見た時は衝撃的でした。

 

 

見よう見まねでマネしてもボードの

ノーズエリアが邪魔になり深く手を

入れることができません。

 

 

 

 

 

それにはまず、身体とボードがくっ

ついているような状態を作り、ボー

ドの最善点からパドルをしなければ

いけません。

 

 

 

 

 

 

 

ここがサーフィンの奥深いところで

すね。

 

 

 

 

ケリーの写真を使って少しだけ解説

したいと思います。。。

 

上の写真の全体像をよく見てみまし

ょう!!

 

ボードのノーズが水面から出ていな

ということは、テールをヒザでし

かり押さえてボードを平行に沈め

いるということです。

 

 

 

だからノーズが水面の中にあっても

刺さらないんですね・・・

 

 

 

このあたりは何回もお伝えしていま

すので、ピンとくる方も多いかとお

もいます。

 

 

 

問題は次です!!

 

 

上のケリーの写真を見ても通常何

も感じれない人がほとんどかとお

思われます。

 

水を掻く手に注目してしまいがち

ですよね。。。

 

 

しかし!!

 

写真向かって右側の肩の高さに注

目してください。

 

 

あまり

胸を反っているようには見えませ

んが、水面からの肩の高さがどれ

くらいあるのかをじっくりと見て

実際にマネしてみてください。

 

 

20センチくらいは上がっている

かと推定できます。

 

胸を反るというより浮かすような

体勢で両肩の高さが地面から20

㎝以上、上げてみたください。

 

 

これが今日の最大のヒントです!!

 

 

まずはその形で普通にパドルをで

きるように作り上げることが必要

となります。

 

 

 

 

まだまだ書き足りませんが、さら

に詳しく知りたい方はスーパース

トイックシステムでお待ちしてお

ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんの方からスーパーストイッ

クシステムへの問合せを頂き、誠に

ありがとうございます。

 

 

上達への最短距離は「基本」をしっ

かりと固めていくことだと思ってい

ます。

 

 

自分の乗り方を捨てる気持ちがなけ

れば、長年染みついたクセが足かせ

となってしまうこともあります。

 

 

一個一個。

基本を固める気持ちで練習できる方。

 

 

5月の募集でお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウェット通販サイト