スーパーストイックシステムとは?

今日も暖かい日でしたね。

前日の強風も

納まり、いい波だといいのですが・・・

続き→

スーパーストイックシステムとは

真剣にサーフィン上達を考えた人

をフルサポートしていくシステム

です。

 

 

どのようにサーポートしていくの

か??

 

今日はその部分を少しご紹介させ

ていただきます。

 

 

「上手くなりたい!!でもどう練

習していいのか分からない」

 

または

 

「一人でやっていればなんとかな

るもの。しかし何年経ってもいま

いち上手くならない…」

 

 

そんな方が多いかと思われます。

 

 

 

スーパーストイックシステムでは

そんな方達に向けて、課題を提供

致します。

 

例えば、

「とりあえずこれをやってみてく

ださい」

 

できたらまた次の課題へ。

 

もし、できないのであればさらに

違う観点から考えて投げかけます

 

 

 

 

そのように

練習内容を明確化することで、や

ることを絞り込み、最短期間で上

していくプログラムで構成され

いま

 

 

誰でもできる範囲のことを少し

つこなしていくことで、必ず上達

していきます。

 

 

 

 

 

 

そこで今日はスーパーストイック

システムの内容をご紹介してみ

しょう。

 

 

 

①左脳を使い理論を分析

まずは、頭で理想のサーフィンの

動きを「理解する」ことから始め

ていきます。

 

 

そしてそのイメージを左脳に働き

かけきます。

 

 

例えば

スピードがあるアップスンの動き

を習得しようとしましょう。

 

 

その具体的な動きを写真や動画を

使ってピンポイントで分析してい

き、細かい理論を追究していきま

す。

 

 

簡単に言えば考えながら動画を見

るようになるということです。

 

 

そうすることで映像を見た瞬間

 

「今の加速のかけ方はこうやって

るからこそ、スピードがついて

るんだ・・・」

 

 

時に理解できる思考を作り上げ

ていきます。

 

 

「理解する」こちらを非常に重視

しています。

 

 

 

 

そしてその動きの理論をプログラ

ムに書き込むことで脳への伝達を

早めていきます。

個人差でイメージのズレが生じな

いように、自分イメジした動き

とプログラムの動きを照らし合わ

せながら、その方向性を統一して

いきます。

 

 

そしてグループワークを行い、疑

問点や成功しやすい方法などを

しあうことでさらに統一性を強め

ます。

 

 

そうすることで明確なスピードが

あるアップスンの動き方を理解で

きる流れを作りあげていきます。

 

 

 

 

 

 

 

②右脳を使った陸トレ

次にスピードを出せる動きを左脳

理解した後は、実際に体を動か

て、チェックしていきます。

 

 

波に乗りながら加速をかけるには

この体勢を作ることでスピードが

倍増する。

 

その体勢を作るためにはこの部分

筋肉を意識することで俊敏にな

る。

 

そのような理論を体に覚えさ

きます。

 

 

そして次に

その筋肉をスムーズに動かす為に

はどうすればよいのか?

 

 

そこまで突き詰めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

右脳を使うとは

例えば赤色を覚えようとするなら

ば、ポスト色と覚えた方が記憶が

残りやすくなります。

 

 

 

そのような

右脳を使った陸トレをすることで

完全に体に伝達していきます。

このように左脳と右脳を使って陸

トレで完全に仕上げていくことで、

憧れのサーフィンにどんどん近づ

いていきます。

 

 

 

さらに、陸トレの動きで弱い部分

を見つけ出し、その動きを強化す

るために必要なことを突き詰めて

いきます。

 

柔軟性を作り上げ、体がブレない

ような筋トレも自主的に行ってい

ただきます。

この部分はあくまでも自己トレ―

二ングなので強制はしませんが、

提案はいたします。

 

 

しかし、入会3ヶ月後には陸トレ

&筋トレのテストがありますので

受からないと次へのステップには

上がれません。

 

 

 

 

やるか、やらないかは自分次第と

なりますので、この部分は自分へ

の挑戦として頑張っていただきた

いと思います。

 

 

 

 

 

 

③スケボートレーニング

そして、陸トレで作り上げたもの

スケボーを使って、その動きを

練習していきます。

 

 

その動きをスケボーですぐにでき

るかといいますと、そう簡単には

いきません。

 

 

ビデオ映像を見ながらさらに突き

詰めていきます。

 

 

このスケボー練習内容も明確とな

ているので、ただ滑るというこ

ではございません。

 

陸トレの動きを明確に出せるよう

におこなっていきます。

 

 

 

 

1ヶ月に最低何時間というノルマ

りますので、しっかりとや

ていただきます。

 

 

合同スケボー練習会あり。

 

 

ここまでの流れをまとめてみます。

 

 

「スピードが付くアップスンを習得」

 

 

①その動きを左脳で理解する

※勉強会あり

②右脳で体を動かし陸トレで

 フォームを作り上げる

※試験あり

③その動きをスケボーを使っ

 て練習

※練習会あり

④ビデオを使い客観視で修正

 

 

 

ここまででかなりストイックになら

なければついてこれないと思います。

 

 

 

 

⑤ここで実戦です

陸トレ・スケボーで仕上げた動き

を忠実に海で行っていきます。

 

実際に

波に乗ると頭の中が真っ白になっ

てしまいがちです。

 

 

そんな時こそ陸トレで築き上げた

右脳を使うことで、イメージが瞬

時に思い浮かびあがります。

 

 

 

例えで言いますと

 

「赤色をやる!ではなくポスト色

をやる!そう思うことで、ポスト

と赤色が同時に浮かび上がります」

 

 

つまり「右脳」を使うほうが同時

に何個も浮かび上がりイメージ力

を上げて波に乗ることができます

 

 

 

 

スーパーストイックシステムでは

理論(左脳)で意識に落とし込、

直観(右脳)でイメージ力を上げて

いくことで、上達を早めていきま

す。

 

 

 

 

 

そして 一番重視しているのが

「客観視」

 

 

自分の映像を客観視しながら理想

と現実のギャップを埋めていきま

す。

 

「百聞は一見にしかず」

 

 

そうすることで波に乗りながら、

自分の悪いクセを治すことを早め

ていけます。

 

 

 

 

 

実戦練習会 ➡ 半年間6回

(30時間)

 

 

 

 

そして最後にストイックシステム

規定の内容を実演していただく試

験を受けていただきます。

 

 

この半年間の成果を十分に発揮し

て、出すことができるのか??

 

 

ここが半年間の最終ステージとな

ります。

 

 

 

合格してネクストステージに上が

りさらなる上達に向けて極めてい

くプロセスを選択できます。

 

 

 

 

 

半年間でこれだけのことをやってい

ただくのがスーパーストイックシス

テムとなります。

 

 

何回も言いますが、普通のサーフ

スクールではないということを分

かっていただきたい。

 

 

 

 

その他にも 

飲み会などを行いメンバー同志の

交流を深めていきます。

 

 

 

 

結局は、サーフンの練習を真剣

に行い上達していくことで、もっ

もっとサーフィンを好きになっ

て欲いという思いです。

 

そんな思いからこのスーパースト

イックシステムを作り上げました

 

 

 

この考えに共感していただける方

に来て欲しいと願っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーストイックシステム

ベーシックコースの募集は毎年5月

と11月の二回のみとなります。

 

 

次回の応募は5月中旬を目途にブロ

グで情報発信していきます。

 

 

 

お見逃しなく☆彡

 

 

 

 

 

 

 

INSIST SURF

 

スーパーストイックシステム運営部

JSオーダーフェアー開催

 

 

スーパーストイックシステムで

は、ボードの細かい知識も勉強

していきます。

 

興味が無い方でも、自分が乗る

ボードがどういうものなのかを

知らなければ、その性能を引き

出すことはできません。 

ストイックメンバーのAさんは

モンスター3をチョイス。

パーコブラシもかなり際立ちます。

メンバーAさんはジュリアンカラー

のLOW DOWNモデルです。

デザイン・性能。完璧なボードが

仕上がりました。

 

 

 

JSオーダー承ります。。。