オフザリップ

明日の気温は

20°前後。

春を感じさせる訪れになりそうですね。

花粉も飛んでいるようです

続き→

誰もが憧れる技。

それはやはりオフザリップではな

いでしょうか。

 

サーフィンの試合では深いボトム

ターンから垂直リップをすると高

得点を狙えます。

 

つまり

それだけ難しい技とされています

ね。

 

 

 

今日はそのオフザリップについて

解説してみましょう!!

 

 

 

 

 

 

まず、横に走れるようになると波

崩れてきたところに当てにいく

ことを心見るかとおもいます。

 

 

しかし、何年たっても波のブレイ

クとタイミングが合わない限り、

手く板を返せないという方が非

常に多いですね。

 

 

失敗しないために必要なことを理

解して、実践しなければオフザリ

ップの道のりは遠のく一方です。

 

 

 

ーパーストイックシステムでは

ボトムを使えるようにアップス

の基礎を練習していきます。

 

 

そうすることで横走りのライン取

りではなくボトムを使うラインに

変わりスピードを上げれるように

なっていきます。

 

 

そうすることで技を仕掛けやすい

状態になり、何年もかかるオフザ

リップを半分以下の年数で習得で

きます。

 

 

 

最初は基礎を習得していく流れで

すが、一つ一つ覚えていくことで

オフザリップの道のりにたどり着

く流れになっています。

 

 

一見、時間がかかるように思いが

ですが、基礎を作り上げていく

うが通常の三倍のスピードで上

していけます。

 

 

プログラムは完璧なオフザリップ

ができるようになる為に組み込ま

れているということです。

 

 

 

 

それでは連写を使ってオフザリッ

プの一連の動きを解説してみまし

ょう!!

 

 

下の写真をご覧ください ↓

 

 

まず、アップスンでスピードが付い

たらポケットはどこなのか??

 

乗りながら考えられる状況を作り上

げていかなければなりません。

 

 

ここが非常に難しい為、その練習方

法を自分で見つけ出さないとポケッ

トを見つけることはなかなかできま

せん。

 

 

通常は横へのスピードに囚われすぎ

て、ついつい走り過ぎてしまうもの

です・・・

 

 

スーパーストイックではここをしっ

かり練習して作り上げていきます。

 

 

この練習内容を知りたい方はストイ

ックシステムでお待ちしております

☆ 

 

 

ポケット(波が崩れる場所)を見つけ

たら、そのタイミングでボトムに降

りていきます。

 

上の写真では波のトップが少し白く

なっていますね。

 

その場所目がけて当てにいきます。

 

その為にはまず、

ボトムでしっかりレールを入れた

フォームを作り上げる必要があり

ます。

 

 

大抵の方は上半身を前に倒すような

姿勢を取るだけで、肝心なヒザを曲

げた形を作ることができません。

 

 

ここを練習しなければ一歩上にはい

くことができませんのでスケボーで

ォームを作る練習をしてください。

 

 

 

 

そして次に

 

ボトムターンの後、波のトップ目が

けて軸足を使いジャンプするように

び上がります。

 

 

この時に上半身も一緒に連動させる

動きとして「左肩」を最初にいれて

いきます。

 

入れるとは波のフェイスに向かって

側に傾けるような動作です。

 

 

上写真を見ても左肩が波のトップ側

に入っているのがわかりますね。

 

 

ストイックシステムではこの左肩を

入れながら軸足ジャンプを練習して

いきます。

 

 

 

そしてこの写真の部分が一番難しい

とされています。

 

昨日のスラッシュバックでもお話し

しました左肩の「開き」が必要にな

っていきます。

 

なぜ難しいのでしょうか??

 

一個前の写真の話しでは、波のトッ

プに上がるために左肩を入れてジャ

ンプすると言っていますよね??

 

 

つまり、内側(正面右側)に入った左

肩をジャンプしながら左側にひねら

なければいけないということです。

 

 

この動きがみなさんできないために、

波のトップで板が返らずに転んでし

まうことが最大の原因なんです。

 

 

 

この動きは首の筋肉も使う必要があ

ります・・・ 

次の写真では波のトップに上がった

状態なのに、左肩は後ろ側に開いて

いますね。

 

 

つまりオフザリップもこの左肩の開

きを練習することで板を簡単に返せ

るようになっていくんです。

 

 

※バックサイドで板を縦に上げるの

は左肩の開き

 

※スラッシュバックで素早くポケッ

トに戻るには左肩の開き

 

※オフザリップを成功させるのも左

肩の開き

 

 

このように、みんな同じとなります。

 

 

技を成功させる秘訣、この左肩の

動かし方がとても重要となります。

 

しかし、

実際にこの動きだけを練習していて

も不可能です。

 

 

 

左肩を開ける為に必要なこととは、

 

①軸足でボードをコントロールでき

と。

 

②右手の誘導を先行させて波に乗れ

こと。

 

③視線を次へと移行する為に首の筋

肉を使って「見る」こと

 

 

こちらが絶対に必要条件となります。

 

 

 

そして、軸足でボードコントロー

できる為には、スケボーや陸トレ

して、正式なボードの押さえ方とフ

ォームを作り上げなければできませ

ん。

 

 

右手を先行させる動き1つでも同じ

ことです。

 

 

 

 

ここをスーパーストイックシステム

ではしっかりと作り上げていきます。

 

 

 

 

みなさまも基礎をしっかり作り上げ

て豪快なオフザリップを習得してく

ださい。

 

 

 

下の動画は大変参考になりますので

イメトレに使ってくださいね。 ↓

 

 

 

JSサーフボードオーダフェア開催中

 

オフザリップを練習するには、その

動きに見合っているボードが絶対に

必要です。

 

ロッカーを押さえているボードやレ

ールが厚く波のフェイスに入りにく

いボードでは適応できません。

 

 

そこをじっくり考えてモデルをチョ

イスしてくださいね。

 

 

 

お勧めモデルはMONSTA”X3です。

 

 

JSに初めて乗る方には最適です!!

 

 

【期間】2月1日~29日まで

 

【本数】限定20本まで

 

【モデル】モンスターX3

 

【波サイズ】腰から頭

 

【レベル】中級~上級者

 

【納期】3ケ月前後

 

【価格】¥125,000+TAX

 

 

 

ボードの性能はこちらから

 

MONSTA”X3

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    K運輸 (土曜日, 13 2月 2016 12:34)

    なるほど、レギュラーの時は右肩を回すよいに意識してましたが、左肩も大切なんですね。
    板を返した時、コケる原因が分かった気がして、スッキリです。
    THANKYOU

  • #2

    店長 (日曜日, 14 2月 2016 17:23)

    軸足、右手の意識をできたら次は左肩を開く練習をしてみてください。
    大きな進展を望めるかと思いますよ
    !!