スラッシュバック

今日も昨日に引き続き

左肩の開き方を解説してみたいと思います!

続き→

昨日のブログではバックサイドで

を縦に上げる為には、左肩の開

きが重要とお伝えしました。

 

 

そして今日はフロントでの左肩の

開き方について解説してみたいと

思います

 

 

フロントハンドの場合、直進して

波に乗っているので、急に反対側

に戻るということは非常に難しい

とされています。

 

 

例えば

陸上で思いっきり走っていると

ましょう。

 

 

急に左向きにUターンして戻れと

われてもなかなかできませんよ

ね。

 

 

 

 

 

波のトップに上がってから急に戻

ろうとしても難易度が上がるだけ

です。

 

 

 

その前にまずはボトムにいる時点

で戻ろうと判断することからから

意識するだけで、ぜんぜんやりや

すく変わっていきます。

 

 

 

 

それでは早速、JSライダーの

ディミティ・ストイルの写真を見

がらイメトレしてみましょう!

 

 

 

まずは最初の合言葉。

「波が少しでも厚くなったら即戻れ」

です。

 

 

ここをしっかりと意識に落とし込ん

でください。

 

 

上の写真ではボトムからトップに

上がった状態で、すでに左肩が少

し開いています。

 

 

ここが最初のポイントです!!

 

 

そして

波のトップでは軸足の力で板をし

っかりと押さえながら右手の誘導

で回転していきます。

 

 

ここの詳しい話は

「左肩の開くポイント」で

 

 

 

次に

前足部分の向かって右側(フェイス

側)のレールを見てみましょう。

 

 

これだけ水面に入っているにもか

かわらず、引っかからない理由は

足でしっかりテールを押さえて

るからなんです。

 

前足は板が離れないようにかかと

で押さえているような感じになり

ます。

 

 

 

そして左肩は1枚目の写真より上

側に開いていますね。

 

 

 

 

 

ここで今日の本題に入ります。

 

上写真の左肩に注目です!!

 

腕をまっすぐ上に引っ張ってい

ますね。

 

この形がフロントサイドに肩を

「開く」動作です!!

 

 

気づいた方もいらっしゃると思い

ますが、昨日のブログで説明した

バックハンドの左肩の開きとかな

り似ていませんか。

 

 

この肩の開きを大きくすればする

程、板の回転スピードを上げてい

けます。

 

 

 

 

 

波のホレ具合によってはテールを

もいっきり蹴れることもできる

うになっていきます。

 

 

これは

テールスライドといって違う技と

なりますが、今の時代あたりまえ

に世界選手はやっていますね。

 

 

 

 

このブログではいつも

「足だけでは絶対にNG」と言って

いますが、この左肩を開くことで軸

足に体重が乗り、そして上半身を捻

りながら板をけり込んでいけます。

 

 

足だけで板を回転させる動きとは全

く別の動きです。

 

 

ここの重要性に気づき左肩の開きの

練習を頑張ってして欲しいと願って

おります。

 

 

今日の写真は下の動画からアップし

たものです。

 

じっくりと左肩の動きを観察してイ

メトレしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jsモデル モンスター3

ディミティが乗る板は

JS最高級モデル「MONSTA3」です。

 

 

 

①ターンの伸び

②レールの入れやすさ

③安定感を感じさせるしなり

④板の切り返しやすさ

 

 

 

どれをとっても最高だと彼女も言っ

ております。

 

とりあえずMONSTA3を1本持って

いれば間違いありません!!

 

オーウェン・ライトもかなりのお気

に入りです。

 

地元オーストラリアの試合は

MONSTA3で出場です!! ↓

JSオーダーフェアー開催中

 

【期間】2月1日~29日まで

【本数】限定20本

 

【モデル】MONSTA3

 

【レベル】中級~上級者

【波サイズ】コシ~ダブル

 

 

【価格】トライフィン

    ¥125,000+TX

 

    5フィン

    ¥130,000+TAX

 

 

このチャンスをお見逃しなく☆彡