水を触るタイミング

かなり寒くなってきましたが、寒さに負けず頑張ってい

きましょう

!!

続き→

 

サーフィンにはとても大切な動作

があります。

 

それは技に入る前に水を触るとい

うことです!!

 

 

 

このHPのテクニック講座の中でも

ボトムターンやバックサイドの技

を仕掛ける前に「水を触れ!!」

このように説明させてもらってい

ます。

 

 

そこで今日はなぜ水を触るのか?

 

 

こちらについて少し説明させてい

ただきます。

 

 

 

まず水を触る理由とは??

 

ずばり!!

 

ヒザを曲げるためです!!

 

 

 

ヒザを曲げることによって重心が低

くなり屈伸をめいいっぱい使うこと

によって、スピードが上がっていき

ます。

 

 

スーパーストイックシステムでは、

この水の触り方やタイミングなど

を具体的に練習していきます。

 

 

 

そうすることで、スピードとキレが

ぜんぜん違ってくるのを実感できる

ようになります。

 

 

 

このポイントは非常に大切なんです。

 

 

 

 

そこで今日はカットバックについて

水を触るタイミングはいつなのか?

どのあたりなのか??

 

 

そこを少しご紹介してみたいと思い

ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

カットバックの代名詞

「ラウンドハウスカットバック」

いうのがあります。

 

 

 

これは波のフェイスを八の字のよう

に描いた動きを定義とします。

 

 

 

八の字とは→ ∞ このように動く

とです。

 

 

このやり方は

「カットバックの垂直当て」でご覧

ください。

 

 

 

今日はタイトルでも書きましたが、

カットバックの時にどのタイミング

で水を触るのか??

 

 

こちらを解説してみたいとおもいま

す。

 

 

 

 

 

大きく分けると水を触るタイミング

とは二つあります!!

 

 

これは波の状況によって使い分けて

いかなければなりません。

 

 

 

 

 

まずは一つ目のタイミングから解説

致します。

 

 

 

集中力を高めて、イマジネーション

を上げて読んでくださいね☆

 

 

 

 

 

 

 

イメトレタイムです!!

 

 

 

 

 

☆波のサイズはムネ

 

 

二等辺三角形のような波があなたの

絶好の位置に沖から押し寄せてきま

した。

 

 

つかさずドピークからテイクオフし

てライト方向に乗ってください

 

 

かなり良い波ですよーー

 

 

 

スピード付けてどんどん横に走って

ください。

 

気持ち良いですねーー

 

 

 

 

 

その先のフェイスはどうなっていま

すか??

 

 

 

二等辺三角形のような波ですよ!

 

 

 

急に波のフェイスがなくなってしま

う感じになりませんか??

 

 

 

これは、

 

「肩が落ちる」といいます。

 

 

 

三角形の波とは

ピークはムネサイズがあっても、乗

っているうちに

急に肩が落ちて腰くらいの大きさに

なってしまいます。

 

 

 

テイクオフからスピードがついてい

るので、急に肩が落ちたフェイスで

カットバックを仕掛けるのは至難の

技。

 

 

無理やり戻ろうとしてもそのスピー

ドに耐えられず転んでしまうもので

す。

 

 

大抵の方はプルアウトしざるおえな

い状況になってしまいます。

 

 

そんな時こそ水を触る絶好のチャン

スです!!

 

 

左手をめいいっぱい下に伸ばし、水

面に手首くらい入れてみましょう!

 

 

その支点を軸にUターンするような

感じで回転していきます。

 

 

バスケットのピポットターンのよう

にイメージすると成功しやすくなり

ます。

 

 

 

 

タイミングは肩が落ちた波のトップ

に上がった瞬間です。

 

 

これがまず一つ目です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

次に二つ目の説明です。

 

 

今度は肩が落ちていない波でイメー

ジしてみましょう!!

 

 

トップからダラダラと崩れていくよ

うなムネサイズの波を思い浮かべて

ください。

 

その波を先ほど同様にライト方向に

走ってください。

 

 

サイズがある分だけスピードはかな

り乗っていますよ。

 

 

 

そうするとあきらかにカットバック

できるようなフェイスが出てきまし

た!!

 

 

 

思い切って回ってみましょう。

 

 

 

スピードが付いているので波のトッ

プからいい感じで回転しています。

 

 

しかし!!

 

 

 

ボードが回り出してから、あとちょ

っとで成功するというところで左の

レールが引っかかって転んでしまい

ました・・・

 

 

あーー、悔しい・・・

 

 

 

 

この経験は誰もが必ず通る道です。

 

 

 

下の連写をご覧ください↓

 

 

 

 

 

ボードがUターンしようと回転を

始めた時のタイミングで水を触っ

ています。

 

 

1つ目のタイミングと違うところ

は、支点にして回るというよりも

軸足に体重を乗せるためにヒザを

曲げる為に触るという違いです。

 

 

 

そうすることで左側のレールが引

っかかることを防げ、素早く回転

できるようになります。

 

 

 

 

 

このように水を触るという行為は

絶対に必要不可欠となっていきま

す。

 

 

 

この重要性に気づき、トライする

ことが上達へと変わっていきます。

 

 

 

どのような練習をするのか??

 

 

 

これもあなたの重要な選択となって

います。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スーパーストイックシステムではこ

のように事細かく一つ一つの課題を

やりこむことで、なんだか知らない

うちにとんでもなく上達している!

 

 

 

 

そんな流れとなっています。

 

 

 

 

水を触れないのであれば、ボードの

さえ方や上半身の動かし方を改善

しなければいけません。

 

 

そのように突き詰めていきます。

 

 

 

2016年の募集は5月からとなり

ます。

 

 

皆さまの参加をお待ちしております

ウェット通販サイト