板を縦に上げる方法

今日はクリスマス♪

チキンにケーキ!!

美味しい物

食べれますねーーー

続き→

板を縦に上げなければ、上級者へ

の道のりへはたどり着けません…

 

 

波の裏から見て半分以上板を出し、

垂直に上げるのが理想のリッピン

グです。

 

 

これは誰もが憧れますよね。

 

 

 

今日は板を縦に上げる為にやらな

ければいけない初めの1歩の練習

方法ご紹介いたします。

 

 

 

 

まず上の写真のように垂直に板を上

げる為に必要なこととはなんでしょ

うか??

 

 

 

 

通常の答えは

 

ボトムターンを弧を描くようにレー

ルを入れて、その延長線上にリップ

目がけて上にかけ登ることが正解

す!!

 

 

とは、言っても

 

意味がわかりません・・・

 

そうなりますよね。

 

 

 

 

そこでスーパーストイックシステム

では、板を縦に上げて、さらに回転

させていく動きを練習していきます

 

 

その練習方法とは・・・

 

 

 

①まずはボトムでの体勢をしっかり

と作り上げていきます。

 

 

②軸足でしっかりとボードを押さえ、

ヒザの形も開かないように意識しま

す。

 

 

 

③上半身を前に倒しこんで、ヒザの

回転を使いおもいっきりジャンプす

るように飛び上がります。

 

 

 

これが垂直に板を上げる一連の流れ

です。

 

 

 

 

この①から③をさらに具体的に細か

く突き詰めたことがストイックシス

テムとなっていきます。

 

 

 

①正しい体勢の作り方

 

a全体のフォルムをイメージ

 

②ヒザの形の作り方

 

a力を入れる筋肉の使い方

 

 

③ヒザの回転をさせる動かし方

 

a足のすべての関節の動かし方

 

 

 

そして、

さらに上半身の動きを付け加えてい

きます!!

 

 

右手・首。腰などの使い方をミック

スしていくことで、完璧なフォーム

のリッピングが完成されます。

 

 

 

このように

 

こと細かく作り上げていく練習を一

個一個やることで通常の3倍のスピ

ードで上達していきます。

 

 

 

 

 

 

 

そうすることでフォームも完成され

ていき、綺麗な形の垂直オフザリッ

プフィン抜きが完成されます。

 

 

 

 

 

これを半年間のプロセスで学ぶこと

で必ずできるようなります。

 

 

 

 

 ①やり方を理論に落とし込みイメー

 ジする

 

②関節の曲げ方や筋肉の使い方を陸

 トレで確かめる

 

③実践で繰り返す(250回)

 

 

 

こちらをしかりと行うことでものに

する時間を読むことができますので

がんばってトライしてくださいね!!

 

 

 

 

ストイックコースⅡではこれから

半年間に渡り上の連写のような上

がり方を練習していきます。

 

 

それにはまずはイメトレが肝心で

す!!

 

「縦へのアプローチ」

 

「縦へのアプローチ②」

 

こちらを復習して勉強しましょう!

 

 

 

ウェット通販サイト