開く・エグル・戻る

ここ最近、

表紙の写真が小さくなってしまいました…

システムが

変わったの

かな?続き

スマホ版のページ写真が小さくな

てしまいましたが、原因はこの

HP会社のシステム改良だそうです。

 

小さくなってすみません(涙)

 

 

 

夏も終わりに近づいて、いよいよ

本格的な台風シーズン到来です。

 


今日の

ビーチはクローズしてきましたが、

クラシカルポイントでのサーフィ

ンが楽しめそうですね。

 

 

うねりの向きが南東なので、西向

きのポイントではコンパクトの波

ではないでしょうか。



今日は肩から頭のサイズでかなり

良かったですよ。。。

 

 

自分の技量に伴った波のサイズで

台風スェルを満喫してください。

 

 

 

 

 

さて。


今日はサーフィンには欠かせない

技、戻り系のお話しです。

 

 

「戻り系」とは波のフェイスが厚

くなった時に仕掛ける技のことを

言います。

 

 

代表なのが、カットバック、スラ

ッシュバック、トップターンにな

ります。

 

 

波のトップが厚くなりフェイスが

丸くなったところでカットバック

をしかけるのは、なんとなくイメ

ージできるでしょう。

 

 

しかし、微妙なリップの厚さの場

合は見逃してしまいがちです。

 

 

なぜ見逃してしまうのでしょうか?

 

 

 

それは、わざわざ戻らなくても先

に進むことができてしまうからで

す。

 

 

この、先に進みがちの乗り方を覚

えてしまうと、どのセクションで

スラッシュを仕掛けていいのか分

からなくなってしまいます。

 

 

また

大会などでは、得点の減点対象と

見なされてしまいます。

 

減点の視点

 

「走りすぎ」

「ボトムを使っていない」

「ポケットを無視」

 

このように評価されてしまいます。

 

 

 

 

 

 

そこで、まずアップスンでしっか

りスピードをつけられるようにな

ったら、次のステップへ練習する

技はスラッシュバックです。



リッピングを練習するよりも、仕

掛けに行く数がまさるからです。



横に走れる波であれば大概仕掛け

られます。



下の連写のマチャドのスラッシュ

を見ながらイメトレしていきまし

ょう!!





まずここで一番大事なことがあり

ます。


①開く


ボトムからしっかりと波のトップ

に仕掛けにいくことです!!


よくこのブログでは

「下から仕掛ける」という表現を

していますが、別の言い方をすれ

ば、ボトムに降りる。


波のフェイスから離れる。


これをジャッジ用語では「開く」

と言われています。



つまり、ボトムターンのことです!



ボトムターンを意識しながら波の

トップに上がっていくことが下か

ら仕掛けるということです。


②エグル


波のトップに上がったなら、上半

身のリードで体を反対にひねり、

軸足でボードのテールを蹴ること

で、波のリップをエグルように回

転させていきます。



ここはポイントです!!


前足を使うとレールが引っかかっ

しまうので、軸足コントロールで

ボード回転させていきます。




③戻る


後ろ側の肩をマチャドのように引

張るように波のスープへと誘導し

ていきます。



しっかりと、スープまで戻ること

が重要になっていきます。




この一連の動きを


「開く・エグル・戻る」というよ

うなイメージでトライしてみてく

ださい。




スーパーストイックシステムでは

最初の段階の開くという乗り方を

覚えていただく事に時間をかけて

いきます。



そうすることで、「開く」という

一番難しいとされる動きを習得す

ることで、エグル、戻るが容易に

できるように変わっていきます。



左肩の開きが、まず覚えなければ

いけない初めの一歩です!!



しっかりと意識しながら波に乗っ

てくださいね。