ボードの沈め方

台風からの波が入り湘南でもサイズが上がってきましたね!!

続き→

サーフィンをやるにあたっての、基

本中の基本がパドルです。

 

 

このパドルがどれだけしっかりでき

ているかによって、テイクオフの上

達スピードにも影響していきます。

 

 

皆様からのご質問はテイクオフに関

してが非常に多いです。

 

 

そこで、今日はまず、テイクオフの

時に絶対にやってはいけない事をま

とめてみましたので参考にしてくだ

さい。

 

 

 

 

①足を絶対に開いてはいけない

 

②犬かきのようにちょこチョコ水

 を掻いてはいけない

 

③下を見ながらパドルをしてはい

 けない

 

④レールを持って立ってはいけな

 い

 

⑤手を付いて起き上がる時に頭を

 上げてはいけない

 

 

最低でもこのようにやってはいけ

ないことがあります。

 

 

 

スーパーストイックシステムでは

このようにならない為にも、まず

はパドルの大勢を強化することで

素早いテイクオフができるように

なると考えています。

 

 

 

実際に受講生がこれを覚えた瞬間

から見違える程にテイクのスピー

ドが上がっています。

 




そこで今日は上のやってはいけな

い①~⑤を治すための方法とさら

に新たなことを書いてみたいとお

もいます。


まずは上の写真のように体全体を使

ってボードを押さえ込むような体勢

を作り上げる必要があります。

 

 

ただ寝そべる。

 

 

この概念を変えていかなければいけ

ません。

 

 

では、どのようにボードを押さえ込

めばいいのでしょうか。

 

 

ここが難関です。

 

 

テイクオフ講座では、へそで重心を

取りモモとヒザを使ってボードを押

さえると伝えていますが、違う視点

から見てみましょう。

 

 

 

 

まず、ボードに寝そべります。

体全体の接地面部分の全部に力を入

れてみてください。

 

 

ありとあらゆる体の場所に力を入れ

てみましょう!!

 

 

ボード全体を深く沈めてみようとい

ような気持ちが大切です。

 

 

そうすると体のどの部分に力が入

っていますか??

 

 

ムネですか??

 

 

ムネだけだとテールが持ち上げられ

てノーズが刺さってしまいますよ。

 

 従って

ヒザにも力を入れて見てください。

 

 

 

 

その状態を真横から見るとお尻が微

妙に浮いている形になってくるとお

もいます。

 

 

この形を尺取り虫のような形とお伝

えしましたね。

 

 

 

 

 

 

 

そして、テイクオフをしようと、

うねりに持ち上げられる前に、さ

っきの状態を作りあげてしまうこ

とでどうなるのでしょうか??



ボードが滑り出す前に1回沈むこ

とになりませんか??



これが反発を使ったテイクの出だ

しです!!




これができるようになると今まで

乗れなかった厚い波でも行けちゃ

います。



従って、テイクオフを早める技術

として欠かせない事となっていき

す。




要はパドルの体勢をもう一度見直

しながらテイクオフの練習をする

ことが、ものにする効率が早いと

いうことに繋がっていきます。






今日はこのボードを沈める技術の

大切さを分かっていただけたらう

れしくおもいます。



2015年後期。スーパーストイッ

クシステムにたくさんの方が応募し

ていただきまして誠にありがとうご

ざいましたm(_ _)m



募集枠が少なかった為に、今回、入

れなかった方には大変申し訳なくお

もっています。



なるべくストイック体験枠を増やし

ていきますので、そちらの方からで

も参加していただきたく思っていま

す。



次回のスーパーストイックシステム

の募集は11月からとなります。




今回参加していただく皆様へ。


7月から上達を目指して頑張ってい

きましょう!!



送られてきた申し込み用紙に記入し

て再度返信願います。



入金確認後、必要書類を送らせてい

ただきますのでよろしくお願い致し

ます。






ウェット通販サイト