バックサイドも上半身から

今日と明日でゴールデンウィーク

もおしまい

ですね…

イイ波乗りましたか?

続き→

 

さて。

 

 

今日は、バックサイドの乗り方に

いて書いてみたいと思います。

 

 

 

サーフィンの乗り方は軸足コント

ールで上半身のリードで行いま

す。

 

 

どんな技も、フロントサイドもバ

ックサイドでも、この定義に反し

た乗り方をすると、パンチがあり

ません。

 

 

無論、スプレーもちょびっとしか

ないのは言うまでもございませ

ん。

 

 

スーパーストイックシステムの

ベーシックコースでは、この軸足

ントロール意識で上半身を動か

して連動させていくプログラムで

構成されています。

 

 

これが、サーフィンの基本だから

です!!

 

 

この基本を覚えていくうちに、今

でとはまったく違う乗り方に変

わっていきます。

 

 

 

家を建てるにも地盤となる基礎が

事なことのように、サーフィン

でもこの基礎を固めていくだけで、

軸がブレない力強い乗り方になり

ます。

 

 

 

そこで今日は、バックサイドでの

の返し方の違う視点で書いてみ

たいと思いますので、参考にして

みてください!!

 

 

 

ボトムから仕掛ける

リッピングでもカットバックにつ

いてもボトムから仕掛けると何回

も伝えています。

 

 

もちろん、バックサイドに関して

も、まったく同じことです。

 

 

波のリップを見定めて、その場所

に当てに行こうと狙いを定めます

よね??

 

 

その状態はボトムにいる時です。

 

 

しかし、誰でもボトムから仕掛け

ていると思っていますが、実は、

とんどの方はボトムから仕掛け

いません。

 

 

ボトムターンをしていない為?

 

 

そういう意味ではありません。

 

 

 

 

これは、何回も言いますが

 

【心の準備】と言うことです!!

 

このリッピングを仕掛けよう!

 

そうボトムで思うことが、焦る気

持ちを抑えて、体重を乗せていく

余裕を生み出せます。

 

 

そうすることでスピードに乗った

動きに変わっていくんです。

 

 

このことが、ストイックのプログ

ラ厶にある【タメ】という表現を

しています。

 

 

 

つまり【心の準備】=【タメ】

なります。

 

 

このタメを使って、軸足に力を降り

注ぎ、おもいっきりジャンプできる

ようになることが、トップでの板の

回転スピードを上げていけます。

 

 

 

この意味をもっと単純に言い換える

なら、

 

①ボトムにしかり降りきる

②ヒザを曲げる

③リップをしっかり見る

 

この3つの意味となります。

 

 

 

 

そしてその準備ができたなら、波

トップに向かって板を返しにい

きます。

 

 

 

 

こないだメール質問をくれた方で、

 

 

 

>上半身を使っているだけで本当

にスプレーが出るんでしょか??

 

 

このような質問をいただきました。

 

 

 

答えはYESです!!

 

 

しかし、最初に言ったサーフィン

定義を思い出してください。

 

 

 

軸足コントロールで上半身のリー

です!!

 

 

 

つまり、しっかり軸足に体重を乗

て上半身をひねるというのが正

しい答えとなります

 

 

 

 

今の話の流れで、上の連写をご覧

ください。


軸足に力を入れて右手(上半身)の

リードで板を返してスプレーを上

げています。



しっかりと首の向きも変えている

ところもみてくださいね。




つまり、上半身のリードというの

は、首だったり肩だったり手だっ

たりします。



この部分をまとめて上半身のリー

ドとお伝えしています。




いかがでしょうか??




このように言っている意味を理解

ていただけたら嬉しいです。




またのご質問お待ちしております。




来週5月12日からいよいよ

スーパーストイックシステムの受

講生の募集が始まります。



今回はあまり人数を取ることがで

きませんが、県外の方も募集いた

しますのでこのチャンスをお見逃

しなく★