バックサイドアップスン

昨日とは打って変わって寒い

一日でした

ね。ストーブはいつしまえばいいのか?続き

今日はバックサイドのアップスンの

基本のやり方を書いてみようかとお

もいます。


まず、いつもの言葉から入りますが

、サーフィンはすべて軸足コントロ

ールが基本です!!



バックサイドでもこの基本は全く変

わりません・・・



上の連写の前足部分をじっくり見て

みましょう!



ボードの左側部分に足を置いている

のが分かりますでしょうか??



ストリンガーを見てみるとわかりや

すいかとおもいます。



この意味は、前足はレールを入れる

為に軽く置いている感覚です。


つまり、後ろ足で加速をかけている

ということです!!



そして今度は軸足の置いている位置

をご覧下さい。



デッキパッドスレスレの一番後ろに

立っています



そして、ヒザと足首の動かし方をみ

て見ると、軸足でボードを動かして

いる様子がさらに分かるかとおもい

ます。



前足は、その動きに合わせて軽くボ

ードの上に乗せているような感じで

す。



この下半身の動かし方がバックサイ

ドの基本となります。



そして、理論が分かったところで、

いざ実践に入ってみても、そう簡単

にはできないとおもいます!!



では、どうすればよいのでしょう

か??




ここから、細かく噛み砕いていく

のがスーパーストイックシステム

です。



まず、

テイクオフを早めて、軸足から立

つのが最初の一歩です。



そして、正しい立ち方を意識する

為にも、軸足の親指に力を入れて

ヒザを曲げていきましょう!!



そうすることで、ボードに加重が

しっかり乗っていきます。



あれ??


どこかで聞いたような・・・



そうです!!



フロントでの乗り方と全く同じです。




スーパーストイックのベーシックコ

ースでは、フロントサイドの軸足強

化だけに意識持っていき、ひたすら

練習していきます



そして、それができるようになると

急に苦手だったバックサイドが乗れ

るように変わっていきます。




その秘密は、軸足でボードをコント

ールできる乗り方に変わったから

す!



先ほど言った、フロントもバックサ

イドも軸足を使ったボードコントロ

ールが同じと言うことだからです。




これについての賛否両論はあるかと

おもいますが、この練習方法が一番

上達スピードを上げていくデーター

として残りました。




もっと簡単に言えば、テイクを極め

正しい立ち方を覚えることで、自然

とバックサイドのアップスンもでき

てしまうということです。




上の連写は「ソウルサーファー」

の主人公になったベサニーのライ

ディングです。


左手をなくしてしまったハンデを

軸足のモモ筋を鍛えて復活にいど

みました。



モモが

凄い太いのが分かるとおもいます。



このブログはサーフィンを基礎か

ら見つめ直し、ストイックに練習

していく内容になっています。




その辺を考慮して読んで頂けたら

とおもいます。。。


バックサイドでも板を縦に上げる

にはどうすればいいのでしょうか?



その答えの理論は簡単です!!



ボトムに降りて、ヒザをおもいっ

きり曲げて、上半身のリードで板

がおしりの下にくるような軌道で

トップに上がれば縦に持っていけ

ます。



これが答えです。



しかし、今の理論をすぐにやれと

言われてできるのでしょうか・・・



できる方はすぐにトライしてくだ

さい!!



しかし、できないという方がほと

んどではないでしょうか・・・



板を縦に上げていく過程を1つ1

つクリアーしていくことで、確実

にできるようになります。



バックサイドのアップスンも、板

を縦に上げる為の、過程の1つだ

ということです。




スーパーストイックシステムで基

本をしっかり身に付けてサーフィ

ンの奥深さを極めて欲しいと願っ

ております。









コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    鈴木 (水曜日, 08 4月 2015 10:58)

    軸足からのテイクオフ、軸足を意識したライディングでバックサイドの上達が少し感じられるようになりました。常に課題を意識しながらサーフィンを続けていきます。今日のブログで自分の練習が間違った方向に行っていないという確認ができました。ありがとうございます。

  • #2

    横田 祥一 (金曜日, 10 4月 2015 21:15)

    基礎を意識した練習が強い確信に変わった
    ことで、さらに上達していくとおもいますのでがんばってくださいね。いつも読んでくれてありがとうございます!

ウェット通販サイト