板と体の適切な距離

今日の湘南はなんとかショートでもやれるくらい波が残りましたが

、日曜日。

激混み…

続き→

サーフィンでの質問が、一番多い

のは、テイクオフとリッピングに

ついてです。



それだけ両方とも難しいというこ

とですね…



そこで

今日はリッピングについて少し書

いてみようかとおもいます。





リッピングの基本の当て方につい

て、前回のブログでも書いてみま

した。ボード返す為の定義



そして、板がなんとなくでも返る

ようになってきたら、次のステッ

プに入るワケですが、ここからが

難易度が上がっていきます。



ストイックコースでは、板をさら

に速く返していく練習をしていき

ます。


その為に必要な動きとはなんでし

ょうか??



それは、上半身のひねりです。



板の回転スピードを上げるには、

上半身のひねりのスピードを上げ

る方法しかありません。



この域を理解することが絶対の条

件となります。






そして今日はそのひねりのスピー

ドを上げていく練習方法の1つを

ご紹介します。


まず、

波のトップに当てに行った時の体

勢をイメージしてみましょう。



レギュラーフッターの場合、右手で

誘導していきますが、この体勢に必

要な条件あります。



ピンポイントで言うと、ボードと体

の距離が大切で。



距離が遠ければ遠い程、いくら右手

を使っていても転んでしまいます。




では、今度は逆に、どれくらいの近

い距離が適切なのか??



ここを考えてみましょう!!



下の連写をご覧下さい。





波のトップに上がった時に、右手で

レールを掴めるくらいが適切な距離

となっています。



実際に板を返す時に、掴んでみてく

ださい。



この練習はかなり役立ちます!!




そうすることで、波のトップに上が

った時の、ボードと体の適切な距離

を分かっていきます。




みなさまも是非、お試しください!



スピードに乗って、レールを掴んで

みたら下の連写のように飛んでしま

うかもです・・・



スーパーストイック後期のお問い合

わせをたくさんいただきまして誠に

ありがとうございます。



自己流の限界を感じた方が、1歩踏

み出してくれて、大変嬉しい限りで

す。



正式の募集は5月から開始いたしま

す!!



入会についての詳しい詳細は追って

ブログ等でお知らせいたしますので

よろしくお願い致します。



コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    川端 (月曜日, 06 4月 2015 07:19)

    なるほど、今度やってみます。

  • #2

    横田 祥一 (火曜日, 07 4月 2015 19:45)

    なんでも気づいたらトライしてみてください。怪我には注意ですが・・・