体重を乗せる方法

サーフィンはスピードが命です!

スピード

を付けるためには

・・・

続き→

スピードを付ける為の方法として様

な視点で考えると、本当にたくさ

んあるとおもいます。


その中でも基本中の基本。加重のか

方を強化していくのが一番スピー

ドを出せる要因となっていきます。


アップスンのレールワークなども、

局はレールを波の斜面に入れてい

く加重のかけ方をきちんと覚えなけ

れば、力強いターンもできません・

・・



そこで今日は

「どれだけ力強くボードを押さえ込

めるか??」


この視点で書いてみたいと思います。




足の指からヒザの角度。そして股関

を強く締める体勢を作り上げてい

きましょう!!

まずは、パーコのボードの押さえ方

をじっくりと見てみましょう!!

 

「正しい立ち方」のお手本です。

 

「ボードの上に立ち、体重をかける

!!」

 

このイメーシがみなさんには強く

あるとおもいますが、

 

 

では、

「ボードを強く押さえ込む!!」

 

このイメージではどうでしょうか??

 

 

なんとなく思考的または感覚的な違

いを感じられますでしょうか。

 

 

テクニック講座でも書いてあります

「踏む」「押さえる」とは、似

ているようでぜんぜん違います。

 

みなさんは踏むことを重点的に考え

ている方が多いとおもいますが、押

さえる感覚でボードの上に立つこと

が重要です。

 

そうすることで、自然体の状態で常

に加重が掛かっていることになりま

す。

 

 

その体勢を維持していく中で「踏む」

という感覚を付け加えると、今まで

との加重のかけ方がまったく異なり

加重が倍増していきます。

 

 

これが、正しい加重のかけ方となって

いきます。

 

 

 

次にやり方の復習をしてみましょう!!

 

 

両ヒザを八の字を作る形を意識する

と加重が倍増します。


しかし、ヒザを内側に締めるのはか

なりの難関がまっています。


そこで、股関節を鍛えることでヒザ

を内側に入れていけるようになりま

す。


股関節とは?


足を前後左右に動かす働きをしてい

く場所です。



股関節は柔軟性が必要です。

つまり、柔らかくなければヒザを強

く締めることは不可能になっていき

す。



ブログでも何度も書きましたが、毎

日のストレッチは「股割り」から!!


180度開脚ができるまで続けてく

ださい。


そして、さらに股関節を強化する

ももの筋肉も鍛える必要がでてき

ます。




このように加重のかけ方を倍増した

いと考えている方は、股関節を意識

した柔軟や筋トレが必要になってい

きます。



何度も言いますが、サーフィンが上

手くなりたいのであれば、このよう

な肉体改造をしていかなければ、上

級者には絶対になれません・・・



加重強化への道は、努力も必要なこ

ともご理解いただければとおもいま

す。





スーパーストイックシステムでは、

自己トレーニングの提案などはして

いきますが、強制は一切いたしませ

ん。



やるか、やらないかは自分しだいと

なっていきます。



しかし、体が硬い人は毎日の股割り

ストレッチくらいは習慣にして欲し

いと願っています・・・



明日の練習会は抜き打ち股割りテス

トでもしてみようかな(笑)





ウェット通販サイト