テイクはひねりながら立つ

たくさんのご質問いつもありがとうございます!


続き→

この寒い冬でもサーフィン練習に熱

い方達がたくさんのご質問をくれて

嬉しいです!!


がんばっていきましょうーー


ご質問回答です。




以前質問させてもらった滋賀県のサー

ファーです。またまた質問させてもら

います。


テイクオフなんですが、波に押される、

両手をつく、右足でデッキを意識する、

腕立て伏せの態勢…


この先なんですが立ち上がる瞬間腰は

捻りながら立つのでしょうか?



上手い人は立ち上がった瞬間から両足、

体が横向いてるんですが、自分はどう

しても正面向いて立ってしまいます。

なにかしらコツか意識の向け方ないで

しょうか?      40代男性




滋賀県サーファーさん。いつも読んで

くれてありがとうございます。


テイクオフの立ち方は、波のブレイク

の速さや波の大きさによって様々な立

ち方があります。


トロ目の波は、まっすぐに立ちながら

ボトムに降りる感じで滑っていきます。


逆に早いブレイクは波のフェイスに向

かって斜めに立ち上がり、アップスン

をしていくような連動で横向きに立ち

あがります。



ご質問の

立ち上がる瞬間腰は

捻りながら立つのでしょうか?



波が切れていて最初からアップスンを

仕掛けていくような時には必要不可欠

の動きとなります。


そこで今日は復習として、テイクオフ

からアップスンまでの連動した動きを

書いてみたいとおもいます。




まずは上の写真をご覧下さい。

波が盛り上がっていないのにパドル

を漕ぎ出しています。

 

 

波の面が少しざわついていることか

らオンショアのブレイクと判断でき

ます。

 

 

オンショアブレイクですと、風で押

されてトップからダラダラと崩れ出

します。

 

 

その追い風を利用することで、早め

にパドルを仕掛けてもうねりから簡

単に立つことができるんです。

 

 

こういう知識と技術を上げていくこ

とが、テイクオフをラクにできるこ

とが含まれています。

 

 

そして、ボードが滑りだしたら、波

のブレイクがどのように崩れるのか

を瞬時に判断していきます。

 

 

 

その判断技術に一番大切なことは

「目線」です!!

 

 

少し早めのブレイクであれば、手を

付いてから、行きたい方向の5m先

を見ながら立ってください。

 

 

そうすることで、自然に体が横を向く

形で起き上がれます。

 

 

ご質問の内容から想像すると、ボード

が滑り出してから起き上がる瞬間には

下を見ながら立っているのでは??

そのように考えられます。

 

 

どうでしょうか??

 

 

まずは、行きたい方向の波のフェイス

をしっかりと見ながら立ってみてくだ

さい。

 

 

 

ここが、一番重要なポイントです!!

 

 

 

上の写真の状態から波のフ

ェイスを見ながら立つことで、自然

と体をひねりながら立てるようにな

っていきます。



そして、そのひねりのスピードをさら

に上げて行く方法も書いておきます。



足を付いた軸足を使って、ボードを横

に向けるような感じで、足首をひねり

込んでいきます。


そしてその動きに連動させるように

腰と左肩を波のフェイスに対して平行

にもっていきます。



この動きを意識することで、素早い体

のひねりをものにできます。




まずは!5M先を見ながら立つ!!



そこから意識してみてください。





PS

前足のヒザは内側に入れられるように

なりましたか??







サーフィンはボードの上に立つことで

頭の中が真っ白になってしまいます。



しかし、波の状況などを視覚を使うこ

とでバランスを保とうとする働きがお

こっていきます。



必ず下を向かずに、広い視野で波を見

渡せるように意識してみてください。



そうすることで、だんだん余裕が生ま

れ次なるステップに必ず行けます!!



一人でのサーフィン練習に限界を感

じている方や、お互いに刺激を受けな

がら楽しく練習できる仲間が欲しいと

いう方。



スーパーストイックシステムでお待ち

しております☆

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    足立 (土曜日, 31 1月 2015 13:40)

    早速のわかりやすい説明ありがとうございました!言われる通り膝を意識し過ぎて、足元ばかりみてました。膝はフロントサイドはたまにできるのですが、バックサイドが苦手で膝も入らず、ボトムまで落ちきってしまいます…これもフェイスに視線で改善されますかね?

  • #2

    川端 (日曜日, 01 2月 2015 11:36)

    確かに視線は大切ですね、インサイドのサーファーに目が止まる、ヤバイヤバイと思いなが、そのサーファーのほうに吸い寄せ行くのも、視線が原因と言われました。

  • #3

    横田 祥一 (日曜日, 01 2月 2015 18:04)

    足立さん。バックサイドのヒザのやりかたは、また別のはなしなので、次の機会にでも書いてみたいとおもいます。がんばって
    ください。

  • #4

    横田 祥一 (日曜日, 01 2月 2015 18:07)

    川端さん。
    逆にライン上に人がかぶった時、避けたつもりが、ドンピシャのリップのタイミングになった。そんな思いがあれば、普段のライン取りの見方を改善できますよ。

  • #5

    足立 (火曜日, 03 2月 2015 06:19)

    はい!バックサイドの膝も解説よろしくお願いします。

ウェット通販サイト