テイクのスピードとは?

テイクオフのスピードを上げていきたいとおもう人からの質問でひらめきました。続き→

かなり昔のおはなしです。

 

「本気で上手くなりたい」と、一人

の女性がお店に入ってきた。

 

 

20代前半であろうか…

 

 

「なんでそこまで上手くなりたいの

ですか?」

 

 

そう尋ねて見ると

 

 

彼女は

スポーツにはある程度こなせ

があるが、サーフィンはどうに

もならないと話してくれた。

 

「とにかく悔しいんです。」

 

サーフ歴を聞いてみると、2,3回

海に行った程度だった。

 

 

 

わたしは

「ショートはそう簡単にはできませ

んよ!だいたい乗れるようになるま

でには3年はかかります。最初は

ァンボードで練習したほうが楽し

いですよ!」

 

 

そう、カウンター越しで勧めてみた。

 

 

 すると彼女は


「難しいからやりたいんです!」

「簡単なのはイヤなんです!」

 

剣幕になって声をあげた。

 

 

「道具は一式お持ちですか?」

そう、尋ねると

 

「ウェットだけ持っています」

 

 

スクール用のファンボードを見せて

「これで練習しますがいいですか?」

 


すると彼女は

「時間をかけたくないのでショート

がいいです」

 

その姿勢は揺るぎないものでした…

 


「そうですか。わかりました」

 

 

「では、ショップのメンバーとして

練習してみてはどうでしょうか?」

 

 

普通のスクールとは違って、ドッ

リサーフィンに浸かっていただきま

す!!

 

 

当店で受付している、一般スクー

コースは違って、海でのレッス

以外でもショップビデオを見たり、

サーフレクチャーなどもやっていき

ます。

 

 

そして同じ志のショップメンバー

同士でのサーフィン練習会やスケボ

ートレーニングなども加すること

でかなり上達していきます。

 

 

いろりろな識や経験を積むことで

より楽しくなることだとおもいます。

 

 

そして、メンバーになる条件は

この店でボードとウエットスーツな

ど、揃えていただくことだけです。

 

 

 

 

ショップに所属するのと、サーフ

クールを受けることとは、まっ

違うということを説明して、

ちらかを選択しもらった。

 

 

 

彼女はバトミントンをやっていて

国体にも行った経験から、所属の

意味をきちんと理解してくれて、

快く所属の選択をしてくれた。

 

 

 

 

それからというもの、一緒に海に

通う日々が始まった。。。

 

 

 

 

やはり最初はテイクオフのスピー

を上げて行かなくては波に乗る

ことはできない。

 

 

 

波が来る度に、「早く立って!」

「立つの遅い、もっと早く!」

ストイックな練習の日々が続いた

 

 

そんなある日

彼女はなかなか波に乗れず、か

イラだった様子で、

 


「速くってなんですかっ!」

 

 

自分は簡単にできるからそう言う

けど、

 

 

「パドルを速くなのか、立つのが

くなのか、何をどう速くなのか?

もっと、具体的なことを教えてく

ないと分からない」

 


急に

剣幕な表情で怒り出した・・・

 

 

 

その一言が、

ワタシの人生を変えた。

 

 

今まで自分の感覚だけで教えていた

で、相手には伝わっていないのだ

と気ずかされた瞬間だった。

 

 

そして

その夜、わたしは波の見方から、パ

ルの漕ぎ出すタイミング、ボード

が滑り出してから立つまでの感覚を

すべて紙に書き出した。

 

 

 

 

 

 

 

①波が一番最初に崩れてくる

(ピーク)を見極めて、その場所から

パドルを漕ぎ出す

 

 

②ボードの最前点の重心を取り、体

しっかりボードを抑えながらパド

ルのスピードを上げる

 

 

③テールが持ち上げられないように、

バタ足をやりながらうねりのスピー

と同じタイミングで加速する

 

 

④ボードが滑り出したら下を見ない

行きたい方向を見ながら立つ

 

 

この4つを常に意識してください!

 

 

 

次の日、


「ここに書いてあることを素早くや

ってみください!」


と、彼女に紙をした。

 

 

すると、

「これじゃ、ぜんぜんわかません

けど…」

 

期待を裏切る言葉が帰ってきた…

 

 

①のピークはどう見極める?

②最前点の具体的なやりかた

③バタ足のやりかた

④滑り出したら手をいつ付く?

⑤手の付き方や足の置き

 

など書いてませんけど…

 

 

「このことをもっと具体的に教え

てくれないとわかりません


さらに、パドルを素早くする為の

筋肉の使い方や、動かす最良の角

度など。

 

「専門家ってそういうもんでしょ」

 

 

彼女はそう言ってお店を出て行っ

た。

 

 

 

 

 

わたしはおもわず笑った。

 

 

「きっと、これは神の声だ!」

 

 

そう思いながら、テイクオフを速

くする為の法方を1つ1つ分載し

て考えることを始めた。

 

 

どんな質問でも、きちんと説明で

きなければいけないと言う

プレッシャーから、毎日必死で考

えた。

 

 

当時は、携帯ですぐに調べられる

ような時代ではなかったので、自

分の体を張りながら一個一個追求

していった。

 

 

 

 

そして

その細かいことを彼女に教えてい

くうちに、ものすごいスピードで

上達し、2年足らずで大会で優

をなしとげた。

 

 

 

 

 

 

それからというもの、スクールの方

にこの理論を伝えていきながら独自

のデーターを取ってみると

 

 

サーフィンは

3年やればある程度は横にいけると

言われるが、この理論通り意識する

と1/3に短縮できるこがデーター

として残った。

 

 

 

 

そして、その理論はいつのまにかス

ーパーストイックシステムのプログ

ムに変わり、確実に上達へ導ける

ものとして広がっていった。。。。

 

 

 

 

 

結局その彼女はどうしたかというと

自分の中で納得したレベルになった

ところで、サーフィンをやめてしま

い、違うスポーツにのめり込んでい

った。

 

 

今ではどうしているのであろうか…

 

 

 

また、サーフィンをやりたくなった

ら訪ねてきて欲しい。。。

 

 

 

ただ、ガムシャラになってやるこ

とも素晴らしいですが、理論を知

って、意識しながら練習すること

で、通常の3倍の効果を得られる

というデータがあります



速い波だと抜けれないと言う中級

者のかたでも、テイクオフを改善

し、軸足の動かし方を覚えていく

ことで大きく変わっていけます。

 


感覚だけでできるのは、頭が柔軟

なキッズだけです。



しっかり自分のやりたいことを意

識して、考えながら波に乗ってく

ださいね。



寒い冬でも頑張っていきましょう

!!

 

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    川端 (火曜日, 27 1月 2015 12:08)

    上手い人に聞いても、「何で、できなの」と逆に聞かれ終わってしまうだよね。
    人に教えるのには、技術が必要な事に気が付い、店長はスゴイよ!

  • #2

    横田 祥一 (水曜日, 28 1月 2015 20:07)

    嬉しいコメントありがとうございます。
    そしていつも読んでくれて、こちらもありがとうですm(_ _)m
    これからも少しでも何か役立つようなことを書いていきたいとおもいますので勉強してくださいね☆

  • #3

    通りすがりのヘボサーファー (土曜日, 14 3月 2015 21:52)

    興味深く拝見させて頂きました。女の人って男と違って、理屈や理論なんかより手取り足取りで指導した方が飲み込み早いですよね(セクハラ扱いされるのが怖いですが)。男よりも女の人の方が感覚で生きてるのかも知れませんね。