締めの技は?

波に最後まで乗り継いで最後に崩れかけてくるリップでどうするか?

続き→

みなさん、忘年会シーズンで毎日の

ように飲んでらっしゃる人もいるか

とおもいますが、お酒の後の締めの

ラーメン。


美味しいですよね・・・



とても満足感を得られます。



サーフィンでも同じような気持ちに

なれるのが、締めの1発!!



スピード付けて、崩れてくるリップ

に目掛けておもいっきり技を掛けて

締めくくると、とても満足感を得ら

れます。




そこで今日は、スピードが付いて、

のスピードを殺さずに技をかける

り方をご紹介します。





こんにちわ。いつも楽しく拝見させ

ていただいてます。横に走って、リ

ップに合わせる程度のレベルですが

バリエーション のブログのように

フロントサイドバージョンを教えて

欲しいのですが、よろしくおねがい

します。     30代男性K様







K様、いつも読んでくれてありがと

うございます。


クローズセクションでの処理はWCT

選手がやると、どうなるか??


ここをご紹介します。


現実離れしていますが、目標は高く

もちましょう!!











かなりのスピードが付いて、リップ

の崩れるタイミングにドンピシャと

いうことは、余程ホレたいい波では

ないと、そう簡単にはありません。

 


どちらかというと、崩れるタイミン

グよりも早くトップに上がってしま

うものです。

 


「締め」=クローズセクションなの

で、わざわざボトムでスピード調整

しても、もったいないですね。

 

 

したがって、早めのタイミングでど

のように処理するのか??




これを練習してみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上の連写をご覧ください。

スラッシュバックと同じように、リッ

プをエグった処理の仕方です。


おもいっきり体重を乗せてエグること

で、ものすごいスプレーを出すことが

できます。


レイバックに近い動きがポイントにな

りますが、右手を波のフェイスに入れ

ながら、軸足とコシの回転を連動させ

ていきます。


ここでもやはり、右手と右足同時に力

が入っていることを見抜いていきまし

ょう!!








こちらはジョディースミスの締め技で

す。


先ほどの波の崩れ方よりも若干早いた

めに、ポケットまで引っ張らないボー

ドコントロールのやり方です。


右手を水面に入れるまでは同じですが

、こちらはノーズを水面に刺すことで

テール加重でスプレを上げています。



このように最後の締め技では、なんと

か少しでもスプレーを上げたい!とい

う気持ちから入りましょう。


その気持ちを持つことで、テールで波

のフェイをエグルイメージに変換され

ていきます。


リップに合わせる、又は当てる。

このイメージではないということです。


そうやって1つずつバリエーションを

増やしていくことが、サーフィンの楽

しが増していきます。




みなさまもスピードに乗った締めの技

は、ラーメンでもお茶漬けでもお好み

に合わせて選んでみてください。





WCT選手の試合では、同じ技を連続で

繰り返してはいけないというルールが

あります。

 

 

ジャッジの予想を裏切るような仕掛け

方を、選手はいつも考えながら波に乗

っています。

 

 

それには、「感性」を磨かなくてはい

けません。

 

 

この感性がなければ、パターン化した

乗り方になってしまいます。

 

 

柔軟な思考を持ち、細かく分析するこ

とで、感性に磨きをかけていけます。

 

 

波に左右されることなく演技ができる

ようになってください。