WCT選手のリップアクション

リップの崩れ方によって板の返し方が変わっていきます。続き→

リッピングを仕掛けに行った時に、

波とのタイミングが合わずに転んで

しまう回避法を解説いたします。



まずは、



ボトムからアクションを仕掛けよう

と、リップの崩れ方を予測します。

 

いい感じの崩れ方なので、トップに

上がって、板を返しにいきます。


 しかし、波とのタイミングが合わず

転んでしまうことはよくある話しで

す。

   

 

実際にリップが巻いてくるとおもっ

て、波にボードを押されることを期

待しているだけなので、とっさの判

断に体がついていけないのが原因で

す。

 

 

 

この失敗を無くすためには??

 

 


 

 

今日はこの対処法を書いてみたいと

もいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、グッドタイミングでのリッ

プアクションから見てみましょう!!

 

 

右手と軸足の連動です!!

 

この動きをトップでやることで必ず

ボードは返すことができます。

 

 

しかし、

 

「意識しているのになかなか上手く

いかないんです。」

 

最近よく相談されます。

 

 

では、もう一つ、付け足しましょう!

 

上の連写のトップに上がった瞬間の

体勢をじっくりみてください。

 

 

視線が波のスープ側を見ているのを

わかりますか??

 

この視線が大事とよくいいますが、

実は首を回す動きを意識することで

大きく変わっていきます。

 

 

左側(スープ)を見るという意識と、

首を左にひねるという意識では似て

るようで、まったく違います。

 

なぜなら、見るだけの意識では首の

筋肉に意識をもっていけないためで

あります。

 

目だけで見ようとすると、首の筋肉

を使うことができないんです。

 

 

首の筋肉に意識をもって左側を見る

ようにすることで、左肩も同時に動

く連動を起こすことができます。

 

 

「連動」とは

 

ある部分を動かすとそれに応じて動

くことです。

 

 

つまり、右足に力を入れると右手に

が入り、首を左にひねれば、左肩

が動くというのが連動するという動

きです。

 

 

この連動させる動きに反すると転ん

でしまいます。

 

 

この、理論が分かれば、サーフィン

動きに対してすべて応用を訊かせ

ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にリップが厚い時のボードの返し

方をみてみましょう!!

 

 

 

先ほどの首の動きとを比べてみま

しょう!!

 

こちらの波は少し厚い分だけに大

きく首を動かしています。


深く見るということです!!

 

そうすると首を大きく左に動かすし

て左側をみるということは、左肩は

どう連動させればいいのでしょうか

??

 

 

はい!そうです!!

 

左肩も大きく後ろに引っ張れば連動

することになります。

 

 

 

波が厚ければ、首の筋肉を意識して

深く見ることにより、左肩も深く後

ろに動かすことです。

 


これが自然な連動の動きです!!

 

 

 

 

ということは。

 

波のリップが厚かろうが、ホレてい

ようが、トップに上がる瞬間の体勢

は全く同じだということに気がつい

てください。

 

そこに気が付くことができたなら、

 

リップがホレていたら、首を軽めに

ひねる。

 

厚ければ、大きくひねる。


そして、左右の手と首のひねりを連

動させることによって、転ばなくな

っていきます。


 

 

これを練習してみてください!!







 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下の動きを見比べてみましょう!!


トップに上がるまでの体勢は全く同

じですよね!!

 

 

 

結局、軸足と右手の連動をしっかり

と覚えなければ、首と左肩の連動を

覚えることができません。

 

 

つまり、基本をしっかりと覚えてし

まうだけで、今まで出来なかった技

が簡単にできてしまうということで

す。

 

 

この真髄がベーシックコースです。