小波が上手くなる

サーフィンは小波が乗れると乗れないでは、楽しさが天国と地獄くらい変わっていきます。続き→

小波が上手くなりたい!!そう、思っ

たことはありますか??

 

小波が上手くなると、波のサイズに囚

われず、いつでもサーフィンモードに

変わっていけます。

 

そしてなにより、小波でサーフィンを

練習することが上達への近道になりま

す。

 

そこで今日は、小波を乗れるようにな

る実践方法を書いてみたいとおもいま

す。

 

 

 

小波でもうねりから立ってしまえば、

横に行けるチャンスは十分にあるは

ずです。

 

だけど・・・

普段使用しているボードだと浮力が

足りず厳しいです。

 

 

そう、思われた人。

普段使用しているボードでも小波も

乗れるように突き詰めれば、その概

念も変わっていけます!

 


うねりから立てる、絶対なるスピード

があるテイクオフを練習すれば必ず、

現在使用しているボードでも小波を乗

りこなせるようになっていきます。

 

 

小波ですと必然と浅瀬なために、パ

ドルをしなくても、歩いて沖に出れ

分、普段より疲れないはずです。

 


それなら、ひたすらテイクの練習を

する気持ちに変換できれば、新たな

発見を手に入れられるかもしれませ

ん。

 

テクニック講座のテイクオフのペー

ジに書いてあることを1つずつ実践

してみてはどうでしょうか。

 

 

小波では絶対なるテイクのスピード

を強化すること。まずこれが一つ目

です。

 

 

 

そして今度はうねりから立てた次の動

きを覚えれば、かなりのスピードをつ

られるようになっていきます。


それが、昨日のブログでも書かせても

らいましたが、レールを抜いた加速の

かけ方です。


上の写真の波はヒザくらいです。

水深がないために、波のフェイスを

走ってしまうと終わってしまいます。


そこで、昨日書いたボトムでの「タメ」

を使っていきます。


この「タメ」とは

リップがそそり立つまで「待つ」とい

うことです。


待つという行為によって、波のトップ

「ふわっ~」と飛び上がることがで

きるようになります。


つまり、レールを抜いたアップスンを

やることで、加速をかけられるという

ことです。



加速がつけば、水深が浅くてもボード

は進んでくれますよね。


そして、技もかけやすくなっていきま

す。オンショアのダラダラの小波でも

この、ボトムでの「タメ」を覚えるこ

とで、波を繋げていけるようになって

いきます。



みなさんも、あせる気持ちを押さえて

「タメ」に挑戦してみてください!!



下の連写でのタメの瞬間を見抜いてく

ださい!これが縦のライン取りのはじ

まりです。






ベーシックコースでは、昨日に引き続

き、ボトムでの「タメ」を練習してい

くプログラムがあります。


ある程度、サイズがある波だとスピー

ドが付いてしまうので、あえて小波で

「タメ」の練習をしていきます。


小波マスターにも絶対なりますので、

楽しみにしててくださいね!!


たくさんの方、お申し込みありがとう

ございますm(_ _)m

先行予約だけで満員になってしまいま

した・・・


本当に上達を願う人がたくさんいるこ

とを体感できて、すごくうれしくおも

います。



心打たれるような、熱いメールもたく

さんいただいて感動しております。



そんな人達のために、あと5枠増やさ

せていただきます。



せっかく申し込んでいただいたのに、

こちらとしても断ることがとても切

ないおもいなので、5枠だけ増やさ

していただきます。



それと、月曜日と木曜日の練習人数

のバランス調整をした後に、何人か

枠が空く可能性もございます。



このあたりも、随時、ブログで発信

していきますのでお見逃しなく!



皆様の参加を心よりお待ちしており

ます。



insisit.surf2003@gmail.com


ご質問受け付けておりますので、お

気軽にメールくださいね!