バックサイドアップスン

バックサイドのテイクオフの次は

アップスン

に移ります。今日はこの解説です。続き→

バックサイドのアップスンは、フロ

ントに比べると難しいですよね。

 

なぜかというと、波を背中に見てい

るので、体が開いてしまうとフェイ

スから離れてしまいます。

 

そうなると、前回のブログでも説明

した、テイクオフからの正しい立ち

方をしっかりと覚えることによって

簡単にできるようになります。

 

 

そこで、今日も正しい立ち方の続き

をさらに詳しく説明していきます。

 

まずは下の写真からみてみましょう!

 

 

 

まず、上の写真を見てパット思いつく。

「もっとこうすればさらに良くなる」と

ころは何個思いつきますか??

 

一つでも多く気が付けた方は、意識し

ているということで「洞察力」が高い

ということです。

 

考えてみましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

それでは、答え合わせにいきます!

 

 

 


まず、後ろ足のひざが曲がっています。

これは、足首を曲げながらヒザをさら

に倒し込んだ形です。

 

 

そして前のひざも内側にしっかり締め

て、ハの字を作っていますね。

 

次に、肩に注目してください!

 

波のフェイスと「並行」にしています

ね。

 

 

アゴを肩につけるように波のフェイ

スをしっかり見て、左手(後ろ手)を前

に出して軸足と連動している「重心」

を作り上げています。

 

ここで注目なのは、右手(前手)です。

肩を波と並行にしたら、普通は体より

外側の位置でバランスをとります。

 

なのに体の側にあるのはなぜでしょう

か??

 

わかりますか??

 

 

 

これは、先ほど言った左手を前に出

して軸足と連動させる為なんです。

 

右手を内側に置くことで、首がより

ひねることになり、さらに体重をか

けられます。

 

これは、テクニック講座の正しい立

ち方でもご紹介していますが、

 

前の肩を波のフェイスに平行にして

完全に固定させます。そして腰だけ

を進行方向に向けることで軸足と後

ろの手でコントロールしやすくなる

形です。

 

「腰だけを前に」が伝わりずらけれ

ば、へそを前に向けるような形です。

 

 

この立ち方をできるようになると、

フロントと同じように簡単にでき

てしまいます。

 

もう一度おさらいします。

 

①前の肩を波と平行にする

②首と後ろの手と後ろ足に力を入

 れる

 

これだけで必ずできます!!

ぜひやってみてください

 

 

レギュラーの方は下の写真で復讐

です。

 

 

 

人間の視野範囲は120°です。

 

首をチョコっと曲げただけで波を見る

視野が広がっていきます。

 

 

リップのライン上を軸に視点を置くこ

とで、波のブレイクするさらに先を見

ることができます。

 

 

この違いは、

先の予測行動がぜんぜん変わってくる

で、余裕ができた乗り方になってい

きます。

 

つまり、見るとは「首を曲げる!!」

 

これが非常に大事なんです。

 

 

 

今日はアップスンのレールワークとい

よりも、立ち方の説明となってしまい

ましたが、やりたいことの一個手前と

いうことで、勉強してみてくださいね。

 

 

 

ウェット通販サイト