レールを掴む

まずは飛んでみよう!

そこからがエアーの始まりです。

今日はエアーのお話

続き→

昔、ケリースレーターが「エアーをや

りたければ、先にサーフィンの基本を

覚えないとダメだよ!!」こう言って

いました。

 

確かに、基本に乗っ取ったオフザリッ

プができないのに、エアーを練習して

も、へんな飛び方になってしまうこと

もありえます。

 

そこでまずは、オフザリップの基本を

振り返りながらエアーのコツを書いて

みたいとおもいます。

 

 

 

 

まず、何回も出てくる右手の誘導とい

う言葉。。。

この右手をきちんと使えて、板が確実

に返るようになったところからのお話

になります。

 

勢い付けて波のトップに上がれたなら

「飛び上がるイメージ」でやってみて

ください!!

 

とわ言っても、そう簡単には飛び上が

れませんよね。板と体が離れてしまい

なかなか飛び出せません。

 

そこで、まず最初は、「板の打点を上

げるイメージ」でリッピングしにいく

ことから初めてみましょう。

 

この打点を上げるというのは、波のリ

ップに当てるボードの場所をいつもよ

りも高い位置に置くことです。

 

目安の場所は「フィンの上あたり

 

この位置で波のリップを当て込むと、

ずフィンが三本抜けてエアー気味に

なります。

 

 

まずは、いつもより打点を上げていく

練習が一番てっとり早いとおもいます。

 

そして、板が返るようになったなら、

波のトップで右手を使ってレールを

掴みにいってみましょう!!

右手の誘導がきちんとできていれば

差ほど難しくないとおもいます。

 

ここで一番大事なのは、波のトップで

レールを掴んだら、着地する場所の放

物線を頭で描くことが、成功につなが

ります。

 

この着地のイメージができるだけで、

上半身はしぜんとボードの動きに合わ

せてボードを引き付けられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

右手でレールを掴むのも、やはりオデ

コをノーズに近づけるように意識しな

ければいけません。

 

さらにさかのぼる話をすれば、軸足を

使って飛び上がり、前足は支える感じ

で着地誘導をするだけです。

 

そうすると、前回のブログでも、前足

を使った板の返しはNGといいましたが、

前足で板を返そうという動きでは、エ

アーは絶対にできません。。。

 

ケリーの言うように、

先にオフザリップの基本を覚えなけれ

ばエアー成功には時間がかかってしま

うという意味もわかるとおもいます。

 

 

 

エアーの練習は、まずは

「打点を上げる」

次に

「レールを掴んでみる」

そして

「着地地点を頭の中で描く」

 

この三つを練習してみると、いきなり

できてしまうかもです・・・

 

ぜひ、やってみてください!!

 

 

 

 

 


エアーは誰もが憧れる技。

できなくても、ひたすらやり続けるこ

とが大事です。


いきなり高く飛ぼうとせずに、少し浮

くようなイメージから初めてみて、

リップが崩れるタイミングを読みなが

ら練習してくださいね!!

ウェット通販サイト