リッピング秘策その弐

リッピングで板が返せるようになったなら・・・。

次のステップにいきましょう!!

続き→

今日はオフザリップのバージョンア

プ編にいってみましょう!!

 

まず最初に復讐をかねてオフザリ

ップを成功させる為のまとめです。

 

「波のトップに上がった時の体勢」

 

レギュラーバージョン

 

①右手を耳に付ける

②ノーズと顔を近づける

③左ももをムネにつける

 

この三つの形を波のトップで作るこ

とがきたなら、100%ボードは

返ります。

 

 

そして、転ばなくなってきたら、

の三つの動作のスピードをあげてい

きます。

 

板を返す絶対条件は「上半身の誘導」

です。

 

ストイックのプログラムでは、波の

トップに上がる時に、ボクシングで

言う、フックのイメージで右手を回

すことを練習します。

 

この方法が、より上半身のひねりの

スピードをあげることができます。

この「フック」の動きが早くなると

どうなるのでしょうか??

 

想像つきますか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなります!!

フィンは抜けていますよね。

そして板は反転しているので、見た

目でもカッコイイです。

 

ここで、何回も言いますが注意しな

ければいけないことがあります。

 

上の連写のような動きを真似する方

で、必ず足だけでボードを回す人を

よくみかけます。

 

「足だけでボードを返すとは??」

 

右手のリードを使わず、波のトップ

でスケボーのように両足だけでボー

ドを転させる動きです。

 

「なぜダメなのか??」

 

 

これは、上半身のリードではないた

めに、スピードがついてしまうと、

バランスを崩し、極端に成功率が下

がります。

 

そして、見た目の動き自体が小さい

ので迫力にもかけてしまい、軽い感

じにも見えてしまいます。

 

もちろんコンペなどでは得点がでま

せん。

 

 

 

 

 

スーパーストイックでは足だけでボ

ードを返すのは絶対にNGです。

 

無論、スラッシュバックやトップタ

ーンにも言えることです。

 

この足だけで返そうとする動きを封

印させるプログラムがありますので

、クセが治らない方はお問い合わせ

くださいね。

 

 

とにかく、足でボードを返すクセが

ある人は、まず、自分が足で返して

いることに気づかなければいけませ

ん。

 

ここはストイックに、もう一度自分

身の動きを見つめ直しましょう。

 

台風に備えてがんばってください!!