最速のパドル

テイクのスピードを上げる為には、パドルの水のかきかたを強化しましょう

続き→

ここ最近テイクオフの基本のことを書

いていますが、今日は水のかきかたに

ついて焦点を当ててみます!!

 

まず、パドルの水のかきかたなんです

が、みなさんはクロールのイメージで

かいている方がほとんどだとおもいま

す。


しかし、パドルにもきちんとした基本

があります。

 

ストイックコースでは、上級者の方で

もパドルレッスンを必ずしますが、み

なさん「知らなかった」とビックリさ

れています。

 

ただ、力まかせに腕を回していても、

疲れるだけで、持続力も、スピード

効果があるとは思えません。

 

このパドルの基本をしっかり覚える

ことで、普段のパドルより疲れなく

なったり、テイクの滑り出しのスピ

ードも断然早くなっていきます。

 

 

 

 

 

 

 

水のかき方の前に、パドルの体勢を、

う一度おさらいしましょう。上の写

真をご覧ください。

 

海では上手い人が足を組んでパドルを

するそんなイメージもあるとおもい

すが、実はひざでボードを押さえる

には、足を組むことが重要とされて

います。

 

カッコイイからと思い、足を組んでい

る人でも、実際には無意識にひざでボ

ドを押さえています。

 

まずは、足を組んだパドルをクセにし

てください。

 

知らないうちにへそで重心を取れるよ

うに変わってきます。

そして本題の水のかきかたは、このパ

ドルの体勢を作れないと、しっかりと

できないので覚える必要があるんです。

 

 

 

 

 

 

 

水中での手の動きに注目してみます。

テイクオフ講座では「肘を使って水

かく」と、ありますが上の動きを

じっくりみてください。

 

ボードの下側を肘だけで水をかいて

いるのがわかりますでしょうか?

これは簡単に見えますが、しっかり

ボードを押さえていないと上手くで

きないとおもいます。


肘を上手く使うことで、肩の回す力

を軽減させる動きなんです。

 

 

 

 

ストイックコースでは、この水のか

きかた一つでも、いかに早く、楽に

できるやり方を突き詰めていきます。

 

このほんの少しのことが、大きくサ

ーフィンに影響していきます。

 

パドルのスピード

テイクの速さ

パドルの持久力

 

など、必ず変わっていきます。

 

サーフィンの「基本」とは、一個、二

個ではなく、無数にあることをお伝え

しています。

 

パドルがすぐに疲れてしまう方などは

手を大きく回すのをやめて、肘を使っ

たパドルに変えてみてくださいね☆彡