へそで重心をとるテイク②

ここ最近立て続けに同じ質問を受けましたので、尺取り虫の形について・・・続き→

いつもテイクオフ講座を読んでくれて

ありがとうございますm(_ _)m

 

その中でパドルの体勢について説明し

ている「尺取虫」の形をとってみてく

ださい!!

 

と、言っていますが、みなさんは下の

写真のような形をイメージしてしてや

っていると聞きました。

たしかに、尺取り虫とはこんな感じで

す。パドルの体勢をこのままイメージ

してやってみても、かなり難しいとお

もった今日このごろです。。。

 

そこで、イメージ題材をチェンジして

今日は解説いたします!!

 

無理にこの形をやってみた方、

ごめんなさい(;>_<;)

 

 

まず、ほんの少しだけお尻を浮かし

状態を作りバランスを取ってみまし

う!!

 

そうすると、ヒザでボードを押さえな

ければ、グラグラしてしまうはずです。

 

お尻を浮かせてひざで抑えたこの形を

まずは作ってみてください!

 

そして、ノーズが上がってしまった場

合、おへそに力を入れてもう少し前に

ずらしてみてください。(2~3センチ)

 

ノーズが沈まないようにしっかりテー

部分をヒザを使って沈めます。

 

そして、ノーズが水面から出るか出な

いかくらいを目安にしてバランスをと

ると、海を自由に泳ぐ「イルカ」??


そんなイメージをしてみてください(笑)

 

 

上の写真のお尻からひざに対して角度

が下がっているのがわかりますでしょ

うか?

 

ということはお尻が若干浮いていると

いうことですよね。

 

そして、ノーズもほとんど沈んでいま

す。

 

このような形を「尺取り虫」のような

形と表現してしまいましたが、実際に

は、お尻をちょっと浮かすだけです。

 

いろいろ困惑してしまった方は、申し

訳ございませんでした・・・。

 

自分勝手なイメージで申し上げてしま

いましたが、これでイメージが伝わる

ように願っています。

 

へそで重心を取りお尻を浮かせて、

ひざとももを使ってテールを沈める。

 

このパドルの形が最速を生み出す形

となっています!!

 

 

 

 

文章では個人差のイメージ力によって

かなりのギャップができてしまい、伝

わりづらくなってしまう時もあります。

 

間違った方向に行ってしまわないよう

に疑問点がありましたら、早めにご相

談してください。



 

「サーフィンの基本って何??」

こう、おもっていらっしゃる方も多い

かもしれません。。。

 

ストイックコースでは、パドルの体勢

水のかきかたなどの基本から入りま

す。

 

みなさんが今まで見逃していた部分が

「基本」となっています!!


しっかり基礎を作り上げたい方はお問

い合わせください。

 

 

 

ちなみに、ここまではやりません(笑)