正しい立ち方③

今日はバックハンドでの正しい立ち方を

解説してみます!続き→

まずは、テイクの時の立ち方です!!

上の連写をよーく見てください。


右足から立っていますよね??


まずは右足から立つように意識してく

ださい。そしてさらに左手と前足の動

きに注目です。


テイクオフ講座で早い波のテイクの仕

方で左手でレールを押さえながら立つ

と言っていますが、バックハンドでも

まったく同じです!!


右足から立ち、左手でレールをかませ

ながら前足を置きます。


そうすることで、失速をまぬがれます。


今日はその後の正しい立ち方を解説し

てみたいとおもいます。



上の写真ではテイクから立った瞬間の

体勢です。アゴを肩につくくらい首を

曲げて、波のフェイスをみています。


大抵の方は目で見ているだけですが、

ストイックコースでは首を使って見

るというプログラムがあります。


目だけで見ようとすると、首が周り

ません!!なぜなら、見えているの

で必要ないと、脳が判断してしまい

ます。


そしてなぜ首を使う必要があるのか?

ということですが。。。

前の肩の開き加減がぜんぜん変わって

いくんです。


そしてさらに広い視野にもなるので、

波を見やすくなります。


大丈夫ですか?ついてきてくださいね

(笑)




バックハンドは波を背にしている分、視

野が狭まります。その分、首を使うこと

により、少しでも視野を広げるという動

です!!



上の写真はバックハンドの正しい立ち

お手本中のお手本です。


ヒザの形+上半身の重心をよくご覧く

さい。

メチャクチャ前足に加重をかけている

がわかりますでしょうか??


さらに首のひねりも完璧です!!


このような形をとるのが、いわゆる

「フォーム矯正」ということです。


ストイックでは、首ひとつの動きから

足の指先までも完璧にフォームを作っ

ていきます!!


みなさんも上の写真の形をマネしてみ

てください!!


必ずいつも以上にスピードが出ます。