アップスーンのスピードのつけ方

横にいけるようになってからが、サーフィンの楽しさが倍増していきます。続き→

アップ&スーンとは、波のフェイス

上下を使って横に走ることです。

 

今日はさらにスピードをつけて走る

には??

 

これを深く追及してみたいと思いま

す!!





波の斜面にしっかりレールを入れて

加速をかけていきますが、このレー

ルの入れ方でスピードが大きく変わ

っていきます。

 

 

 

何回も何回も言いますが、サーフィ

ンはすべて軸足コントロールです!!

 

 

 

軸足を使いボードのエッジを深く入

れることが先決です。その後に、前

足のレールを入れていきます。

 

 

 

ということは、足の使い方が左右同

時ではなく若干、軸足の方が早く動

くということではないでしょうか?

 

 

 

これを理解することができれば、そ

うとうなスピードに変わっていけま

す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アップスンの正しい動き

軸足の足首とヒザを使ってボードの

エッジ部分ねじり込むようにして、

波のフェイスに入れていきます。

 

 

 

そして、その動きに合わせて前足

ヒザを連動させながら、フロントレ

ールを入れます。

 

 

 

さらにヒザの上下の動きに合わせて

上半身を一緒に動かしながら、

上下をふんんに使うことで、

のすごいスピードがついていき

ます。

 

 

 

この理論を理解して、やり込むこと

で確実にスピードをあげられます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず上はジョディ・スミスのアップ

スンです。

 



軸足の動きを良くみているうちに、

なんとなくでも分かってくればOK

です。

 



このレールの入れ方と上半身の動

きを意識して練習してください!!



 

次に大事なのは、レールの入れっ

ぱなしNGです。

 


レールを入れて加速をかけたら抜

くこと!!

 



これが中級者の課題になっていま

す。この左右のレールの切り返す

ことが、よく耳にする



「レールワーク」といいます。

 




レールを入れてトップに上がったら、

のレールに切り返す為に行う動作

です。







次にケリーの動かし方を見てくださ

い。




右から左のレールの切り返し方がな

めらかですね。。。

 



これがレールワークです!!

 






アップスンのスピードを上げるため

には??

 

・レールの入れ方&出し方。

 

 

・波の中腹を走るのではなく上下を

使うこと。

 

 

 

 

この二つができれば、かなりのスピ

ドがついていきます。

 

 

 

 

 

上のケリーのやり方を真似するには

どうしたらいいのか??

 

 

 

そんな風に考えた人はスーパースト

イックースや中級スクールで教え

ていますので、興味があれば一度参

加してみてください。

 

 

 

 

サーフィンは奥が深いです。

 

 

 

 

 

今日はスピードを付けるアップスン

のやり方をご紹介しましたが、


文章で説明するのは本当に難しいで

す・・・。

 

 

 

なんとなくでも分かったところがあ

れば幸いです<(_ _)>

 

 

 

 

た、違う視点で考えたて新たにア

ップします。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    K (水曜日, 13 8月 2014 20:08)

    いつも楽しく勉強させていただいてます。もっと早く知っていれば

ウェット通販サイト