バリエーションを覚えよう

バックサイドでのリッピングでのアプローチの仕方には、波の

崩れ方によって様々ありますが、大きく分けて3パターン紹介します。続き→

まずバックハンドのリッピングで

一番多いいされるアクションは

『エグリ系』ですね。



 

これは、厚めのリップをエグルよ

うにボードを返していく技です!

中級者の方は、案外簡単にできて

しまうと思います。

 




しかし、迫力ある大きな動きを突

き詰めていく




『ノーズをスープ側に向ける』



『左手をボードのノーズ部分に向

ける』

 



上のジュリアンの写真をじっくり

見て、この二つをしっかっり

『意識』してやってみてください。

 



まずはこの、エグリ系をきっちり

マスターしましょう!!





そして次に、早めのブレイクに合わ

せてリップに乗り上げながら繋いで

いく『フローター』す。

 




バックハンドのフローターは上の写

真のタジのように、左肩を上に上げ

『対空時間』を楽しむ気持ちで、

波のリップに乗り上げて見てくだ

い。

 



リップの崩れるタイミングに合わせ

て乗り上げることが成功の秘訣です。




そして、だんだん余裕がでてくれば、

板を上に振ってグラインド挑戦して

みてくださいね☆

 




早めのブレイクをリップに乗り上げて

いでいくのが、フローターです!!






そして最後はこれぞリッピング!!

という感じ

オフザリップ&コースターです。

 



崩れてくるリップをめがけて思いっ

きり当てて着地する技です。

 



ホレている波だと気持ち的にかなり、

ちゅうちょしてしまいます。




しかし、そこは

 

『ヤルしかありません・・・』

 



やりながら恐怖を克服して覚えてい

きましょう。崩れるリップにボトム

をドンピシャに当てると『ドーン』

と、大きな音がでます。

 



この、『音出し』ができるように崩

れるブレイクに合わせて、おもいっ

きり当てに行ってくださいね。

 

 

 






バックハンドが上手くなるコツは、

この3つのリップアクションをま

ず、習得することです。

 



そうすれば、波に乗りながら

『何しようかな?』

こんな考えで波に乗れるようにな

ります。

 




つまり、『心の余裕』がすべてキレ

のあるリッピングに変わってしまう

ものです。

 



この心の余裕がなければ

『マニューバーの組み立て』なんか

は程くなってしまいます。

 




一つずつ意識を持って、着実にもの

にできるよに練習してみてくださ

ね☆




コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    K (日曜日, 06 7月 2014 14:05)

    こんにちは。
    いつも勉強になってます。ありがとうございます。また、よろしくお願いいたします。
    なんと結局今週も延期になってしまい、来週が最後のウェイティングだそうです…
    どうなるのでしょうか?

  • #2

    seashell (日曜日, 06 7月 2014 18:44)

    Kさん、またまた延期ですか・・・
    来週の台風スェルが残ればいいです
    ねーー。また結果報告お待ちしてお
    ります☆