テイクの手の付き方

『テイクオフの時に手の正しいつき方ってありますか??』今日はこの質問にお答えいたしまーーす。

今回はテイクオフの手の付き方の質問に

対応いしまして、当店スクーに通っ

頑張って習しているMさんに、モデ

ルになっていただきした。

 

 

テイクオフの時、レールをつかんでいる

方がよくいらっしゃいます。


しかし、レールをつかんでしまうと、ヒ

ジを伸ばした時に左右のバランスが一定

に保てないために、立つのが遅くなっ

しまいます。


または、ヒザをつきやすく、立てない状

態になってしまいます。


まずは、レールをつかまないように意識

するのが重要ポイントになります。




正しい手の付き方

NG

OK


まず、写真左の手は、まっすぐ置いて

いますが、立つ時に、力が入りづらく

不安定になるのでこちらもNGです。

 

写真右のように、軽くレールに指を

掛けて起き上がる形を心がけましょ

う!!



ポイントは手のひらの半分下側を使って、ボードを押しながら立つことを、意識してください。

両手に全体重が乗り、さらにボードも押しやすくなります。

NG

OK


次に起き上がり方です!!

 

左写真のように胸を反るように立っ

てしまうと、頭が上がってしまい後

ろ加重になりやすくなってしまいま

す。

 

ードを押しているつもりでも、実

際には沈んでいない状態になりがち

です。

 

それなので、右写真のように両肘を

開きながら立つようにがけてみま

しょう!!

 

肘を開きながら立つことで、さらに

体重が乗りやすく、ボードを沈める

ことができます。

 

そして、ついでにもう一つ覚えてし

まいましょう!!

 

起き上がる時の体勢は

カメように首をすくめながら』

ってみてください。

 

首をすくめることで、肩の位置が前

に出しやすくなって、より前傾姿勢

のままボードの上に立つことがで

ます。

 

これは、上級者の方も、ぜひ意識し

てやってみてくださいね!

 

驚きの加速を体感できます!!

 

この説明が頭に入ったら、もう一度

左右の写真を見比べてください。よ

くみると、かなりの違いがわかると

思います。






上の連写でヒジを開きながら立とう

としているところを見てくださいね!!

 

 

 

正しい立ち方

ついでなので、立った時の足の形も

一緒に解説してみたいと思います。

テクニック講座で解説していますが、

もう一度おさらいのつもりで読んで

くれたら嬉しいです。

 

 

 

NG

OK


足の形を上の写真で見比べてみましょう!!

 

写真右は足の指に力を入れて、ヒザ

ギュッと閉めています。この立ち

方を意識するだけで、バランス安定

・加重・加速など、ぜんぜん変わっ

ていきます。

 

写真左は普通に立っているだけです。

見た目は微妙の違いですが、本質は

なり変わっていきます。。。

 

しっかりこの形を作れるように練習

てみてくださいね。

 

そして、上半身の形も作ってみまし

ょう!!

NG

OK


レギュラーの方は右手を上げると書

いてありますが、上げる基準もちゃ

んとあります。

 

写真左のよに、なんとなく上げてい

る感じではNGです。

 

写真右のようにしっかり肩に意識を

持っ、上に持ってくることが大事

になります。

 

右手を上げることにより、前足加重

の手けになることや、上半身のひ

ねりのリードにも遅れない大切な役

割をしてくれます。

 

この下半身のボードの押さえ方と上

半身使い方をしっかりと覚えてし

まいましょう!!

 

この形を作ることができたなら、必

ず見違える程のサーフィンに変わっ

ていきます。。。


今回は手の付き方から、立ち方まで

写真を使って解説してみました。

モデルになってくれたMさん、あり

がとうございました。

 

今年の夏はたくさんいい波に乗って

くださいね☆




コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    たけちゃんまん (木曜日, 04 2月 2016 05:20)

    連投ですみません・・・。

    フィンを外した板で陸練したいと思っていた所
    フローリングに直の画像が・・・。
    板ってすぐ凹んだり割れたり折れたりしますが
    どの程度まで平気とか、しない方がいいとかありますでしょうか?
    ベッドマットレスの上に置いて立とうとする反復練習でさえ、ベコベコになりそうで実行出来ません・・・。