テイクオフ

波に乗るにはまず、テイクオフが

できなければ始まりませんよね?!

 


しかし、ある程度テイクオフがで

きるようになると、ほとんどの

それ上の技術上を求めなく

なってしまうものです。。。。

 


この講座は、わりと知られていな

い世界のトップサーファーの上級

向けのテクニックを解説いたしま

すので、もう度おさらいしてみ

しょう!!




上級パドルのやり方

上級テイクに入る前にまず、パドル

の体勢について、もう一度おさらい

します。

 

なぜなら、

 

これがきちんとできていないと絶対

に上級テイクオフはできません!!

上のパーコの写真を良く見てくださ

い。

 

 

よく『胸を反る』といいますが、そ

なに反っていませんね。これには

秘密があって、乳首の辺りを少し浮

かす程度の形が、一番スピードをつ

けられるベストな態勢となっていま

す。

 

 

胸を少し浮かせたら

『へそで重心を取る』

 

その

意識に変えると、自然と腹筋に力が

り、寝そべった状態でも前傾姿勢

を保てるようになっていくはずです。

 

 

 

背筋と腰に負担がかかるので鍛えま

しょう!!

次にへそで重心を取り、前傾姿勢に

るとノーズが沈んできます。。。

大切なのは、テール側が持ちあげら

れないように太ももとヒザを使い、

ボードを「深く沈める」気持ちで、

しっかり押さえてください。

 

横から見たら尺取り虫のように、お

尻が少し浮いている状態になります。

 

 

この態勢を作ることができると、身

体全体でボードを押さえている状態

になり、絶対にブレナイ態勢を作り

だすことができます。

 

 

 

ノーズがまったく沈まないという

方はもう少し前に乗ってください。

この位置が凄く微妙で、前に乗り

ぎてもダメなので一番難しいで

す。

 

上の写真でのパドルの体勢で、右足

のヒザでボードを沈めているのが分

かりますでしょうか??

テイクの滑り出しの体勢をみてみま

しょう!!

次に上の写真のケリーの肩の位置を

見てみましょう!!水をかいた手が

後ろにあるのにもかかわらず、しっ

かり肩が前に出ていますね。

 

 

寝そべっているのに前傾姿勢という

ことです。

 

 

 

 

 

この形がテイクオフの滑り出しの時

に完成されていないとMAXの加速が

得ることができません。

 

 

いかに前に早く進む為に、ベストな

形を作る事が重要ということが、理

解できたと思います。

 


それによってパドル&テイクのスピ

ードが大幅に変わっていくというこ

とも分かっていただけたでしょうか?

 

 

これができるようになると、今まで

乗れなかった厚い波でも加速が断然

変わってくるので、必ず乗れるよう

になっていきます。

 



必死になってアゴを突いたりするこ

とも、なくなっていくと思います。

 



とにかく一番重要なポイントは、ボ

ードが一番スピードが付く位置に乗

るということです。

 



この位置を発見するには、へそで重

心を取り思考錯誤でみつけるしかな

いんです・・・。

 

 



中級者の場合、今のへその位置より、

ほんの2~3センチくらい前に重心

をずらしてみると、思いもよらない

発見があるかもしれませんよ。

 

 

水のカキ方上級編

そして最後に手の水のカキ方です!!

 

 

ケリーの右手を見てください。ノー

ズの方向に手を斜めに向けているの

が分かりますか??

 

 

しかも肘を使っていることも・・・

 

 

これはやや斜めから水面を捕えて、

ボードの真下に水を集める為の動作

です。

 

腕をまっすぐ伸ばし水面を小指から

とらえるように水を掻いてください。

 

 

 

それこそ重心をとっているへその辺

りまで水をかいてから、V字型で外

にかきだす形です。

 

全体の水のかき方は、肩を前に出し

てから、肘を使って水をかく!!

 

 

 

簡単そうに思いますが、かなり難し

いのでやってみてください。

ここまでのおさらいです!!上の写

真を見ながら読んでください!!

 

①胸を少し浮かせへそで重心をとる

 


②モモとヒザでしっかりテール側を

 押さえる


 

③お尻が少し浮く感じの体勢を作る


 

④ノーズ側に肩を前に出すように水

 をかく


 

⑤へその下あたりまで水をかきV字

 型のように水をかきだす

 

 

 

この意味を理解できると上のケリー

のパドルの体勢が、芸術的に見えて

くると思います。

 

ミックファニングの水のカキ方からテイクまでの実例

ミックの水のカキ方です!!肘を曲

げて肩を前に出しているのが、わか

りますか??

 

しっかりへそとヒザを使ってボード

を押さえながら、かなりの前傾姿勢

を保っています。

 

肩を前に出すと同時に、へそに力を

入れてみてください。安定感が増

と思います。

 

ボードのかなり前に乗っているか

らこそ、前傾姿勢がとれます。

 

 

写真左はミックのあごの位置と、

ノーズはかなり近いです。

 

 

あごをつけたらノーズが沈んでし

まいます・・・。

 

 

ライトに最初から行くつもりでも、

一回レフトを見ている余裕がたま

りませんね。

 

 

この余裕は、ボードの正しい押さ

え方のパドル姿勢ができてこそ、

滑り出しの加速を十分得られ、立

つまでの余裕が生み出されること

になります!!

 

 

ボードの一番前に乗る位置の目安

は、あくまでもへそで重心を取り、

胸を少し浮かせた状態での位置な

ので、思考錯誤して覚えるしかあ

りません。

 

 

 

その位置を発見できるとすぐにス

ピードがつき、余裕がでてきます

ので頑張って探してみてください!

 

 

 

 

この最前の重心点をみつけること

こそ、水をかいたスピードも今ま

で以上に速くなり、上級テイクオ

フができるようになります。

ノーズが沈んでいるのになぜ進む??

これが秘儀です!!

テイクオフ実践編

長くなりましたが、テイクオフ実践編に入ります。

次にボードがすべり出してから

立つ瞬間』


の技術に注目しましょう!!

手をボードに付いて、立つまでの

ほんのわずかな間に、失速してい

ることが多々あります。

 

この原因は

 

ボードを『押しながら立つ』という

ことを、していないのが最大の原因

と考えられます。

 

 

 

ほとんどの人は立つ瞬間に、波にボ

ードを持ち上げられながら立ってい

ることに気がついていません。

 

 

 

波にボードが持ち上げられると一瞬

失速してしまうので、立ってからの

スピードも断然変わってしまいます。

 

 

 

それを防ぎ

『加速しつづけながら立つ

事が重要ポイントになります。

 

 

 

 

では、どのようにすると失速しない

か??

 

 

 

 

それは

「プッシュアップテイク」

を覚えていきましょう!!

 

 

アタマの位置を上方向に少しでも持

ち上げてしまうと、テール側に重心

が移ってしまい、失速の原因につな

がります。

 

 

したがって、頭の位置を変えずに腕

全体(肩と肘と手首)を使って、ボー

ドを沈めながらいう技術です。

 

 

 

上の写真を見ると分かると思いま

す。

 

 

しっかりボードを押していますね。

滑り出した瞬間に、アタマの位置を

変えないようにして、ボードを沈め

ながら立つことで、失速どころか加

速しながら立てます。

 

 

 

手を付いている位置よりも、アタマ

の位置が前にあるところに注目して

くださいね!!

 

 

 

頭の位置を変えなければ、自然と前

姿勢のまま立つことにつながって

いきます。

 

 

 

そう、テイクオフは、腕立て伏せの

ように肘を外側に開きながら起きあ

がるイメージを持って立つのが正解

す!

 

 

わかりにくい方は実際に腕立て伏せ

を、胸をそらないようにやってみて

ください。

 

 

あたりまえだと思いますが、テイク

オフの時には知らないうちに胸を反

りながら立っている方が非常に多い

いです。

 

 

 

波に巻かれる恐怖心や、バランスを

とろうという強い意優先されて

しまっているので、胸を反らしてし

まうのも無理もありませんが、ここ

を克服しながらトライしてみてくだ

さい。

 

 

 

 

上写真のケリーは、テールを持ち上

げられるのを防ぐために、手でボー

ドを押す以外に、さらにヒザを使っ

てボードを沈めながら立とうとして

います。

 

 

ここまでくると神技になりますが、

それだけ立つまでの間の『加速』

大事ということが分かると思います。

 

 

 

手を付いて立つまでのあいだは、

頭の位置を変えずにボードを、押し

続け癖をつけましょう!

 

 

 

これがプッシュアップテイクとなり

ますので、意識してやってみてくだ

さい☆

 

 

いつもとは違う加速を得て、立てた

ら、『たまたま、いい波かま

えて、れたからではないのか?』 

 

 

 

そう思うかもしれま せんが、あなた

りから立てたことで、波のフ

ェイスを滑ているのだと確信して

ください!

 

 

 

 

 

ここまでのおさらいです!!

 

①腕立て伏せのように肘を開きな

 がら手をつく

 

②胸を反らないようにボードを押

 しながら立つ 

 (頭の位置を変えない)

 

 

 

 

以上を注意しながら実践してみて

ください!!

さらに高度な技術にいきましょう!!

波のブレイクが早い時の実践編です

さらにプッシュアップテイクの高度

な技術のバージョンです。

 

 

 

波がホレている時には、この左手を

使って波のフェイスにレールをかま

せながら、立つという技です!!

 

 

 

速い波ではボトムに降りてしまわな

いように、必要不可欠のテイクオフ

となっています。

 

 

右側のレールを、波のフェイスにか

ませる遠心力が働いて、左側のレ

ールが持ち上げられてきます。

 

 

 

それを左手で押さえながら立つとい

う原理です。むしろボードが横に進

んでしまうので、飛び乗るといった

ニュアンスの方が、分かりやすいか

もしれませんね。

 

左右の手を付く位置をずらすように

変えてください!!

 

 

これを覚えると、ダンパー気味の速

い波も、簡単に抜けられるようにな

ります!

 

 

※レールを持ちながら立つグラブレ

ールではありません。

 

 

是非、意識してやってみてください

 

 

 

これらの技術ができてこそ、いとも

簡単そうにテイクオフをやっている、

上級者の仲間入りですね。

 

 

 

今よりさらに、サーフィン技術の上

を目指すには、必ずテイクの技術を

上げていくことの、重要さに気がつ

かなければ壁に当たってしまうこと

も、あると思います。。。 

 

 

板を斜め45度から起き上がる方法

 

斜め45度から起き上がる方法②

最後に

テイクオフは波質によって、様々な

技術が必要になっていきます。

 

 

いろいろな上級テクニックを覚える

ことで、ライディングスピードや、

立ってからの余裕が生み出せる為の、

はじめの一歩だと思います。

 

 

ある程度この技術を習得できれば、

次のステップがすんなりいってしま

うかも知れせんよ!(^^)!

 

 

 

ケリーの名言で 

『パドルを制する者がサーフィンを

制覇する』と言っていました。

 

 

 

 

 

自分はどこまでできているかを、も

う一度振り返ってみてください。

ここまで読んでくれてありがとうご

ざいます!(^^)!

 

たくさんの方からのご要望で、いま

いちわからないという方はご質問を

受付します。

 

insist.surf2003@gmail.com

ジュリアンのテイクオフの頭の位置を

見ながらお楽しみください☆

真冬用

セミドライが半額SALE中

詳しくはこちらから↓↓

INSIST通販サイト

 

http://private-industries.net

 

 

 

 

 

【テイクオフの関連記事】

このテイクオフのブログを全部読ん

でくれた方限定に書きました。

 

 「テイクオフの秘儀」

 

テイクオフからアップスンの秘儀

 

 

 

 

 

 

 

サイバーウェット&リンコンウェッ

トスーツが半額のサイトがオープン

いたしました。

カタログに使用されたウェットスー

ツや展示会サンプル品としたものが

最大で70%OFF♡

 

ファクトリーから可愛いデザインと

プロサーファーが着る最高級のモデ

デザインを収集♪♪

 

これからサーフィンを始めようとす

る方にも格安なウェットスーツも取

りそろえています(*^_^*)

 

すべて1点もの↓↓↓

★ウェット通販サイト★

http://private-industries.net

 真冬用レーディースセミドライが

半額以下でご提供!さらに送料無料

と嬉しい限り♡

 

 

 

 

 

 

テクニック講座へ戻る

 

店長の波乗り日記

ウェット通販サイト